丹沢・大山 歴史街道ものがたり デジタルアーカイブ

産業能率大学 丹沢・大山 歴史街道ものがたり デジタルアーカイブ
ホーム > 知る > 歴史と文化 > まねき

歴史と文化 ~信仰の山に集う人々の想い~

まねき

 かつて大山がもっとも賑わった夏山の時期に、各御師旅館の門前には講名を染め上げた布製の手ぬぐいのようなものが掲げられた。宿坊側はこのまねきを掲げることで講をまねき入れること(歓迎)を意味し、またそれぞれの講もこれを目印とした。

 このまねきを板に彫った木製のものもあり、これを「板まねき」といい、軒先や旅館内の長押などに飾られた。現在でも、こうした板まねきは、先導師旅館の多くに残されている。

板まねき板まねき

布まねき

布まねき