丹沢・大山 歴史街道ものがたり デジタルアーカイブ

産業能率大学 丹沢・大山 歴史街道ものがたり デジタルアーカイブ
ホーム > 知る > 歴史と文化 > 大山の歴史略年表

歴史と文化 ~信仰の山に集う人々の想い~

大山の歴史略年表

和 暦

西 暦

記    事

約5000年前

昭和35年(1960年)の発掘調査により、大山山頂(黒土層)より縄文時代後期中葉の加曽利B式土器片約60点が出土

天平勝宝7年

755年

東大寺初代別当良弁僧正(華厳宗)による大山寺創建、勅願寺となり相模・安房・上総を寺領とする

延長5年

927年

延喜式神明帳に阿夫利神社が相模国十三社の一つとして列座する

元暦元年

1184年

源頼朝、先例に任じ大山寺に高部屋郷水田5町歩、畠八町歩を安堵(寄進)する

建久3年

1192年

源頼朝、政子の安産祈願のため大山寺に神馬を奉納する

建久3年

1192年

後白河法皇の四十九日供養に大山寺より3人の僧が臨む

建保2年

1214年

源実朝、大山寺に丸島郷の五町二段を寄進する

文永の頃

1264年~

1275年

真言僧 願行房憲静(がんぎょうぼうけんじょう)上人(当時58歳)大山寺を復興する。本尊鉄造不動明王、二童子像を鋳る

弘安9年

1286年

称名寺第2代長老 剱阿(けんあ)、京より楽師を招き大山寺で舞楽曼荼供式を行う

正安7年

1351年

足利尊氏が丸島郷を大山寺に寄進する。その後関東管領の信仰が続く

文明18年

1486年

「廻国雑記」を記した天台宗本山派の中枢聖護院門跡道興(どうこう)准后、全国廻国にあたり、大山にて一詩・一歌を残す

室町末期

~戦国期

世情混乱し、外部からの侵入者や修験勢力が台頭し山内の荒廃が進む

天正17年

1589年

豊臣・徳川の小田原攻めに際し、大山修験は後北条方に加勢し山中城で戦う

慶長10年

1605年

徳川家康が大山において慶長の改革を行い、新たに實雄法師を別当に任じ、碩学領五十七石を賜る

慶長14年

1609年

同様に寺領百石を賜り、山上に供僧十一坊が置かれる

元和元年

1615年

春日局、将軍秀忠の代参として大山に参詣する

寛永17年

1640年

3代将軍家光が大山寺再興のため梵鐘を納める

万治4年

1661年

東海道藤沢宿の四ツ谷に大山「一の鳥居」と道標が建てられる

寛永20年

1643年

春日局が大山寺に参詣する

寛文6年

1666年

大山川の氾濫により、翌年子易の土地を取得し新町が整備される

元禄16年

1703年

第六世別当開蔵法印により大山能が興る

元文4年

1739年

木食五行上人(二十二歳)が大山不動に詣り仏門に入る

宝暦元年

~宝暦3年

1751年~

1753年

この時期、大山への参詣が最高潮に達したとされる

寛政4年

1792年

心蔵著「大山寺不動霊験記」が刊行される

寛政7年

1795年

銅造の宝篋印塔が建立される

安政元年

1854年

安政の大火により大山全山が焼失する

明治元年

1868年

明治の新政府が神仏分離令(神仏判然令、神仏判釈令)を発布し、廃仏毀釈の動きが激しくなる

明治6年

1873年

不動堂が来迎院の地に移り、その跡に阿夫利神社下社が建てられる

権田直助が阿夫利神社の祗官となる

明治9年

1876年

不動尊大堂の再建に着工する

明治17年

1884年

不動堂の上棟式が営まれる

明治18年

1885年

不動堂の入仏式が営まれる。こうして大山寺は明王寺として、女坂の旧来迎院の地に再建される

大正4年(1915年)明王寺と観音寺が合併し、「雨降山大山寺」の旧号に戻る