丹沢・大山 歴史街道ものがたり デジタルアーカイブ

産業能率大学丹沢・大山 歴史街道ものがたり デジタルアーカイブ
ホーム > 訪れる

訪れる

 大山の四季は若葉色、青色、茜色、土色と巡って行く。春、桜吹雪の後は若葉が茂り、夏、青空の下では白い雲を作る。秋、木々の紅葉で山は燃え上がり、冬、落ち葉に埋もれた山は眠りにつく。それぞれの季節で人々は山に対する感謝と畏敬の念を形を変えながら伝えて行く。ここでは、「歳時記」に於いて色を軸に大山の一年のサイクルを追いかける。また、「時の移ろい」に於いては、時が流れても変わることのない想いとして雨降山大山寺の開山の祖である「良辨僧正」の誕生の記と軌跡について紹介する。

  1. *「時の移ろい」の「大山寺縁起絵巻」の画像資料は宿坊かげゆの寄贈である
  2. *「大山眺望」の画像資料はISEHARA・おもてなし隊(会長 斉藤勢吾氏)の寄贈である

  • 丹沢・大山の概要
  • 歳時記

  • 時の移ろい
  • 大山眺望