図書館には図書、雑誌、神奈川資料、新聞、視聴覚資料、インターネットといったたくさんの情報のとびらがあります。そのとびらを開いて、時事的な話題を複合的な視点から紹介します。

  • No.182 世界のオザワ 逝く (2024年2月発行)

    「世界のオザワ」と評された指揮者の小澤征爾氏が2月6日、都内の自宅で心不全のため亡くなりました。88歳でした。1935年に旧満州国奉天市に生まれ、1959年には単身海外に渡り、カラヤン、バーンスタインに師事しました。1973年にはボストン交響楽団の音楽監督に就任し、以後29年間務めています。1992年には国際的な音楽祭である「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」(現セイジ・オザワ松本フェスティバル)を創立しました。2002年、日本人指揮者として初めてウィーン・フィルのニューイヤーコンサートに登場し、2008年には文化勲章を受章しています。今回は当館の所蔵資料から小澤征爾氏に関する資料をご紹介します。

    HTML版の詳細ページへ

    PDFダウンロード(pdf形式:778.7 KB)