神奈川県立図書館 Kanagawa Prefectural Library画像 神奈川県立図書館 Kanagawa Prefectural Library画像

新しい本館について

神奈川県立図書館新しい本館

新しい本館

神奈川県立図書館からみなさまへ

いつだって世の中は変容し、更新され続けています。そして、本というメディアの果たす役割も同様にかわってきています。
神奈川県立図書館は、時代を超え集めてきた資料によって過去と現在を結び、未来を映したいと願っています。そして、読書行為によって生み出すことができる「価値の創造」について考えていきます。本に親しむだけでなく、読みを深め、自発的な探求を促し、誰かとの交流を支える。考え続ける人に寄り添うことが、この場所の役割です。
新しく生まれ変わった神奈川県立図書館へ、ようこそ。

Message 神奈川県教育委員会 顧問より

公共図書館といえば「無料で本が借りられる場所」と認識している方も多いかもしれませんが、全世界的に「教育」と「コミュニティ」の場所として生まれ変わってきています。図書館の内と外の境界を曖昧にして、なるべく多くの方に来館いただき、知らない本を手に取る機会を増やす。その考え方は、リアルな本の場所としてより広がっていくと思われます。
一方で、今回のプロジェクトの舞台である県立図書館では、今まで蓄積させてきた多くのアーカイヴズを守り継いでいく使命も果たさなければなりません。図書館を「ひらく」ことで来館者を増やしてゆくだけでなく、「しっかりと本と向き合い、それを読み生かす」という読書の本義に新しい視点を差し込みながら、未来の図書館の王道をしっかりと体現することが、ここ神奈川県立図書館のプロジェクトでは大切でした。
時間の奪いあいが日々激しくなる中、没入に時を要する本は届きにくいものになってきています。
そんな状況下で、空間、居心地、本の差し出し方を整えることで、書き手と読み手が1対1で対峙できる環境が整ったと考えています。
ぜひ、新しくなった神奈川県立図書館本館へ足をお運びください。

有限会社 バッハ代表/ブックディレクター
幅 允孝

Message 設計者より

前川國男氏の設計による紅葉ケ丘地域の建築群は、大らかでありながらも凛とした佇まい、素晴らしいプロポーションとスケール感を持つ、前川建築の代表作です。1954年開館の県立図書館は、日射を制御しながら自然光を室内に採り入れるための装置であるホローブリック(有孔煉瓦ブロック)、プレキャストコンクリートルーバーが外観を特徴づけています。隣接する県立音楽堂のホワイエは、外部のピロティと一体となって、大きなガラススクリーン越しに集う人の表情が見え、透明感と開放感あふれる、開かれた建物となっています。新しい本館は、これらのエッセンスを抽出し、前川建築との連続性を意識しながら設計しました。紅葉坂側のガラススクリーンには、直射日光を防ぎつつ空間に開放感をもたらすホローブリックの機能を参照した有孔木パネルを配置しました。柔らかい自然光が閲覧スペースに差し込む中で、本と光に包まれながら本と向き合うことのできる、心地よい空間を目指しました。また、青少年センター側のガラススクリーンは図書館内の様子が見えるように透明感と開放感があるものとしています。
新しい本館が「価値を創造する図書館」として、多様な活動を支え、開かれた図書館として親しまれることを願います。

建築意匠設計担当 奥野設計 石井 秀明

これまでの本館は「前川國男館」へ

1954年11月に開館した神奈川県立図書館本館は、日本のモダニズム建築を代表する建築家・前川國男によって設計され、2021年8月に神奈川県指定重要文化財に指定されました。学びの場として親しまれてきたその役割を新たな「本館」へと継承し、これまでの本館は2022年4月から休館しています。今後、改修工事を経て、竣工当時の趣を取り戻しつつ、装いを新たに「前川國男館」として生まれ変わります。しばらくの間ご不便をおかけしますが、新しい気持ちで、再び皆様をお迎えする準備を進めてまいります。紅葉ケ丘地域の学びの中核を担う図書館として再出発する神奈川県立図書館に、ぜひご期待ください。

フロアマップのご案内

県立図書館では、多くの資料をご覧いただけます。じっくり本に向き合いたいとき、本を囲んで仲間とアイデアを出し合いたいとき、多様な資料と対峙し考えをまとめたいとき…それぞれの使い方に合わせたスペースがあります。

フロアマップ 1階フロアマップ画像

総合カウンター[Reception]/ 図書館の利用について総合的にご案内します。まずは、こちらでお聞きください。
ライブラリーショップ[Library Shop]/ 軽食、文具、オリジナルグッズを販売します。
リフレッシュエリア[Refreshment Area]/ 飲食ができて休憩に使えるスペースです。
ギャラリー[Gallery]/ テーマに合わせて図書館資料を展示します。
公開書庫[Mobile Shelving(Open Stack)]/ 誰でも入ることができる書庫です。カウンターで入室手続きが必要です。

フロアマップ 2階フロアマップ画像

レファレンスデスク[Reference Desk]/ 調べもののご相談はこちらで受け付けます。
静寂読書室[Silent Reading Room]/ ひたすら静かに、読書に集中できます。パソコンの使用や書き物はご遠慮ください。

フロアマップ 3階フロアマップ画像

ザ・リーディングラウンジ[The Reading Lounge]/ ゆったりとした空間で、普段とは違う読書の時間を過ごせます。
オープンテラス[Terrace]/ 読書の合間に、ほっと一息つきたいときはこちらで。

フロアマップ 4階フロアマップ画像

学び⇔交流エリア[“Learning⇔Communication”Area]/ 図書館のイベントも行われる開放感ある空間です。いすや机、ホワイトボードが自由に使えます。
ディスカッションルーム[Discussion Room](要申込) / グループ利用のための個室です。
研究個室[Research Room](要申込) / ひとりで、じっくりと研究や仕事に取り組める部屋です。

ロゴマーク

神奈川県立図書館 Kanagawa Prefectural Libraryロゴマーク画像

ロゴマークについて

神奈川県立図書館が持つ重厚で伝統のあるイメージを大切に、前川國男建築の特徴的なアイコンであるホローブリック(穴あきレンガ)をモチーフに表現しました。専門性・広域性を持つ県立の図書館だからこそ、個性的過ぎず、しかしながら、価値を創造し、人を惹きつける新しい図書館像を表すことも意識しました。ロゴの形を見た時に、それが「知」を集積し、育む場である「神奈川県立図書館」を連想させるデザインとしています。
 

デザイナー 6D 木住野 彰悟

「Lib活」はじめます!

学びを深める仕掛け

学びのきっかけ・気づきを始点に、読み、深め、活かすところまで。
新しい県立図書館は、そのステップを支えるため、多様なスタイルで読書を体験する場と、学びを深める仕掛けをつくります。蓄積された資料を読み、その先に新たな成果を生み出す人の活動拠点として、県立図書館は、ひとりひとりの知を形づくる「価値を創造する図書館」に生まれ変わります。
 

学びのフロー図画像

「Lib活」とは?

リブかつロゴマーク リブかつロゴマーク
Lib活は図書館を目一杯活用して学ぶプログラムです。同じ興味を持つ仲間と共に、専門家の知見を生かしながら、交流を通じて知識を広げていきます。図書館「Library」の中で「部活」のように、探究心を満たす学びを体験しませんか。
Lib活フロー図画像

交通案内

  • [ 電車でお越しの方 ]

    JR、市営地下鉄 桜木町駅より徒歩10分

    京浜急行 日ノ出町駅より徒歩13分

    みなとみらい線 みなとみらい駅より徒歩20分

  • [ お車でお越しの方 ] ※駐車場(有料)

    普通車 1台30分 200円 以降30分ごとに200円

    大型車 1台30分 460円 以降30分ごとに460円

    (各施設利用者の送迎、図書館資料の返却等のための
    15分未満の駐車及び障碍者手帳持参のご利用は無料です。)

  • [ バスでお越しの方 ]

    横浜市営バス103系統(横浜駅東口始発)
    [戸部1丁目] 下車 徒歩5分

    横浜市営バス[桜木町駅前] 経由の系統(横浜駅東口始発)
    [紅葉坂] 下車 徒歩7分