県立図書館は、施設・設備の老朽化や、資料の収蔵スペース不足などの課題に対応するとともに、新たな魅力を備えた図書館とするための再整備を実施しています。

「県立図書館の再整備に向けた基本的な考え方」の取りまとめについて(外部リンク)

再整備の方向性

魅力的な価値ある図書館であるために

3棟の機能

現在の「専門的図書館」、「広域的図書館」としての機能に加えて、新たに「価値を創造する図書館」「魅せる図書館」としての機能を付加する。

「専門的図書館」とは

専門的な資料の収集・提供、レファレンスサービスの充実を図り、県民の調査研究を支える図書館。

「広域的図書館」とは

県内の市町村立図書館の相互貸借や、司書育成の支援に取り組み、県内図書館のサービス向上を図っていく図書館。

各館配置図

本館(新棟)

価値を創造する図書館

閲覧スペースを集約化

  • 蔵書の魅力を引き出す配架を行う「開架スペース」
  • 貴重な資料を目にすることができる「展示スペース」
  • さまざまな利用者ニーズに対応できる「貸出・レファレンスカウンター」
  • 本を介して利用者同士の交流を促進する「交流スペース」
  • ゆっくり読書を楽しめる「くつろぎスペース」
  • 利用者が快適に利用できる「ゆったりとした閲覧スペース」
所在地 横浜市西区紅葉ケ丘44番地
敷地面積 1,889.38平方メートル
延床面積 3,697.64平方メートル
構造 地上4階
収蔵冊数 50万冊程度(予定)

前川國男館(旧本館)

「魅せる図書館」

一部は収蔵スペースとして活用

  • 前川國男氏が設計したモダニズム建築の魅力を活かし、開放感のある吹抜け空間を活用
  • 所蔵する記録フィルムの放映や、貴重な資料や蔵書の展示を行うスペースを整備

収蔵館(旧新館)

「収蔵庫」

  • 「収蔵庫」として改修し、収蔵スペースの不足を解消
  • 概ね20~30年分の蔵書増加に対応可能

再整備に関わるロードマップ

ロードマップ

本館(新棟)

  • 2022年3月まで : 新棟工事
  • 2022年4月から9月まで : 開館準備期間
  • 2022年9月 : 新棟開館

収蔵館(旧新館)

  • 2021年度から2022年度まで : 基本設計・実施設計
  • 2023年度から2024年度まで : 改修工事
  • 2025年度以降 : 供用開始

前川國男館(旧本館)

  • 2021年度から2022年度まで : 基本設計・実施設計
  • 2025年度から2026年度まで : 改修工事
  • 2026年度中 : 供用開始

本館(新棟)に関するお知らせ

特設サイトを公開しました(2022年3月15日)

特設サイトでは、工事の進捗や開館の準備を写真でご紹介するほか、新たに作成したロゴマークを使用したグッズ等の内容の一端を順次、ご紹介していきます。

特設サイトはこちら

売店運営事業者を選定しました(2022年3月29日)

本館内に設ける売店を運営していただける事業者が決定しました。

選定結果に関する詳細はこちら