公開

新着資料から

『1歳で両親に捨てられた僕が湘南でラジオDJになった話』
DJ・HAGGY著 文芸社 2023年[K28.52/58]

画像「1歳で両親に捨てられた僕が湘南でラジオD40.jpg著者は両親から育児放棄に遭い、茅ケ崎市の親戚に預けられて辛い少年時代を送りました。小学校5年生の時に旅先で盲腸炎になり、京都の病院に一人で入院します。その時、買ってもらったラジオによって、自身もラジオの仕事をしたいと思うようになりました。高等学校を卒業後、公務員を務めながら教員免許を取得し、中学校などの教師になります。その後、アナウンススクールに通って、結婚式の司会職などに就きました。平成7年(1995)に阪神・淡路大震災が起きると、防災の観点からコミュニティFMが各地で作られました。翌年、藤沢市にも「レディオ湘南」が開局し、著者にDJのオファーが回って来ます。
本書は、不遇な環境でも夢を諦めなかった著者が、24年間DJを務めたラジオ番組の放送とともに、自己の半生を振り返る形で進んでいきます。

『小田急は100年でどうなった? ロマンスカーとまちづくり 交通新聞社新書 170』
かつとんたろう著 交通新聞社 2023年[K68/696]

画像「小田急は100年でどうなった?30.jpg今年は、小田急電鉄株式会社の前身である小田原急行鉄道株式会社が設立して100年目に当たります。本書は、その歴史を辿るものですが、特に小田急電鉄の象徴であるロマンスカーに焦点を当てています。著者は鉄道に係る仕事をしたこともなければ、著作を出したこともないといい、鉄道の専門家としてではなく、小田急線沿線に生まれ育った住民としての視点が、随所に現れた内容となっています。
鮮やかなオレンジ色に彩られた流線形の車体で、オルゴール音のような独特の警笛を鳴らしながら、颯爽と走る初期のロマンスカーの姿は、沿線住民にとって憧れの的でした。当初は箱根や江ノ島へといざなう観光専用列車でしたが、近年は通勤にも対応した車両となっています。著者はそんなロマンスカーの役割の変化を、時代とともに追いかけています。

新着のかながわ資料

新着資料の一部をご紹介します。

タイトル 著者名 出版者 出版年 請求記号
吾妻鏡と鎌倉の仏教 菊地大樹著 吉川弘文館 2023 K18.4/381
鎌倉幕府の真実 産経セレクト S-030 本郷和人著 産経新聞出版, 日本工業新聞社(発売) 2023 K24.4/344
箱根の開発と渋沢栄一 武田尚子著 吉川弘文館 2023 K26.85/22
小田原北条氏一門と家臣 中世史研究叢書 37 浅倉直美著 岩田書院 2023 K28.7/154
私たちの「終の住処」 理想の介護施設は、どう生まれたか 網中裕之著 PHPエディターズ・グループ 2023 K36.52/40/2
通知表をやめた。 茅ケ崎市立香川小学校の1000日 小田智博・國分一哉・藤本和久編著 日本標準 2023 K37.53/67
農が人を呼ぶ場所「モナの丘」 六十五歳から実現した私の夢 桑田俊夫著 ミネムラ新日本文芸協会オメガ, 星雲社(発売) 2023 K61.54/34
相模鉄道 現有全形式を繊細なサイドビュー写真で詳解! イカロスMOOK イカロス出版 2023 K68/699
神奈川ニュース映画協会の時代 1950~2007 細見葉介著 公孫樹舎 2023 K77/61
山本周五郎の記憶 横浜の光と影を愛した文豪 山本周五郎記念事業団制作, 犬懸坂祇園編集 歴史探訪社, メディアパル(発売) 2023 K91.1/106
山崎方代の百首 「自分」を求めて 歌人入門 6 藤島秀憲著 ふらんす堂 2023 K92.4/125