公開

R3フォーラムチラシ.JPG

チラシ(PDF形式:1717KB)(クリックすると拡大します)

県立図書館では、毎年、子どもの読書活動の普及・啓発を目的に「神奈川県子ども読書活動推進フォーラム」を開催しています。
今年度は『最後の医者は桜を見上げて君を想う』や『最後の秘境 東京藝大』の著者である二宮敦人さんの講演と、伊勢原市にある自修館中等教育学校図書館のコロナ禍における活動報告をオンラインで配信します。
生徒・学生の方はもちろん、子どもの読書活動に関わるボランティアの方、司書教諭、学校司書、そのほか子どもの読書活動に関心のある皆様のご参加を心よりお待ちしております。

第1部 事例発表 14時10分から14時30分まで

事例発表団体

自修館中等教育学校図書館 com+com(コムコム)

「学校図書館からわくわくを発信!~自修館の文化委員会によるオンラインイベントの実践紹介~」

事前撮影の動画にて発表していただきます。

第2部 講演「人間になるために書く」 14時30分から16時00分まで

なぜ自分は小説を書くのか。
幅広い分野の小説やエッセイの執筆で活躍中の二宮敦人さんより、作家というお仕事や、本を読む、書くことについて、ご自身の経験をご講演いただきます。
「作家ってどんな職業?」「どんなことを考えて書いているの?」
普段はなかなか知ることができない、作家さんの内側を覗いてみましょう。

講師

【リサイズ済】講師写真※クレジット(新潮社)入り.jpg

二宮敦人さん(作家)
プロフィール

1985年東京都生まれ。
2009年に『!』(アルファポリス)でデビュー。
ホラー、ミステリーのほか、自身の経験を活かした小説や、綿密な取材に基づいたノンフィクションなど、幅広い分野の作品を世に送り続けている。『最後の秘境 東京藝大 天才たちのカオスな日常』(新潮社)、『最後の医者は桜を見上げて君を想う』(TOブックス)、『世にも美しき数学者たちの日常』(幻冬舎)など著書多数。

ご希望に応じ手話通訳・要約筆記を行います。御希望の方はフォーラム申込みと同時にお申込みください。

日時

令和3年11月28日(日曜日)
14時00分から16時00分まで

開催方法

オンライン(Zoom)

定員

100名

定員を超えた申込みがあった場合、神奈川県内在住・在勤・在学者を優先して抽選します。

申込期間

2021年10月7日(木曜日)から2021年11月9日(火曜日)まで

申込み方法

募集期間は終了しました。
お申込みいただいたメールアドレス宛に、抽選結果および受講のご案内を送付しました。

オンライン(Zoom)配信参加方法

  1. 接続予定の端末(パソコン、タブレット、スマートフォン等)に、Zoom(ミーティング用)アプリケーションをあらかじめインストールしてください。ブラウザ版Zoomの場合、お使いの端末により正常に動作しないことがあります。
  2. 当日は、お申し込みされたメールアドレス宛にお送りするURL(またはID/パスワード)からアクセスし、受付番号を入力して御参加ください。
  • 本フォーラムはオンライン・当日配信のみで開催します。終了後に視聴することはできません。
  • スマートフォンやタブレットでも参加可能ですが、Wi-Fi環境下で使用できない場合は、パケット通信料が別途発生します。通信料は各自の御負担となります。
  • Zoom操作のサポートはいたしませんので、あらかじめ御了承ください。

料金

無料

手話通訳・要約筆記(第2部のみ)

御希望の方は、フォーラム申込みと同時に手話通訳・要約筆記をお申し込みください。

主催・共催・後援

主催

神奈川県立図書館

共催

神奈川県子ども読書活動推進会議
神奈川県図書館協会

後援

神奈川県立神奈川近代文学館
公益財団法人神奈川文学振興会

過去の内容紹介

令和2年度 子ども読書活動推進フォーラム(2020/12 開催)

令和元年度 子ども読書活動推進フォーラム(2019/12 開催)

関連情報

マグカル.png

神奈川近代文学館(公益財団法人神奈川文学振興会)(外部リンク)

神奈川県図書館協会(外部リンク)

関連図書

国立国会図書館サーチで「二宮敦人」を検索(外部リンク)

国立情報学研究所(NII)「CiNii books」で「二宮敦人」を検索(外部リンク)

お問合せ

県立図書館 企画協力課
電話:045-263-5918
ファクシミリ:045-241-0985

お問合せフォーム