資料詳細

項目 内容
管理番号 00000174
タイトル 東海道神奈川(御上洛錦繪)
巻次
筆者 芳虎
出版地
出版者 〔佐野屋富五郎〕
出版年・撮影日等 〔文久3(1863)〕
ページ数
大きさ 36×24cm
種類 浮世絵・錦絵
時代 江戸時代
場所 横浜
カテゴリー 神奈川の東海道
注記
解説 神奈川宿の西側は海に面した高台で町の名も台町と付けられていました。この絵のように海沿いの道には崖から海に張り出して造られた旅館や茶屋が並んでおり、ここから眺める江戸湾の景色は文人墨客に好まれ名所として知られていました。また、神奈川宿は東海道の宿場としてだけではなく、中世以来栄えてきた神奈川湊を持つ宿としても発展してきました。『金川砂子』(煙管屋喜荘著)には「諸国大小の買船、日々此津より湊して交易す」と、その繁栄ぶりが記されています。黒船でやって来たペリーが開港を迫ったのはこの神奈川湊ですが、安政4年(1857)に開港した地はここから南に下った寒村の横浜村でした。
資料番号 50083138
請求記号 K72/16
収蔵元 神奈川県立図書館
二次利用について コンテンツの転載(画像、文書、記事、データ等の転載、放映又は展示)を行う場合は申請が必要です。利用案内のページよりお申込みください。