資料詳細

項目 内容
管理番号 00000118
タイトル 横濱商館並ニ辨天橋圖
巻次
筆者 歌川国鶴(2代)
出版地
出版者 丸屋〔小林〕鉄次郎
出版年・撮影日等 明治8(1875)
ページ数
大きさ 38×72㎝
種類 浮世絵・錦絵
時代 幕末・開港期
場所 横浜
カテゴリー 横浜絵・開化絵の世界
注記
解説 横浜停車場(現・桜木町駅)を都橋付近から見た図でしょうか。画面右を流れる大岡川に架かるのは大江橋(手前)とアーチ型の弁天橋(奥)。大岡川河口の、北仲通6丁目に見えるのは、灯明台局の試験灯台と工場です。ここは国の灯台事務を掌る役所として、明治初期に建てられ、機器類の試験や技師の養成を行っていました。お雇い外国人技師ブラントンの論文『日本の灯台』によると、試験灯台は四角形の煉瓦造り、高さ40フィート(約12.2m)3階建であったといいます。これを囲む護岸部分は、この絵では簡略に描かれていますが、実際は石を積み上げたもので、その一部は今も残されています。
資料番号 50083831
請求記号 K72.13/7
収蔵元 神奈川県立図書館
二次利用について コンテンツの転載(画像、文書、記事、データ等の転載、放映又は展示)を行う場合は申請が必要です。利用案内のページよりお申込みください。