-- 中澤克昭/著 -- 山川出版社 -- 2018.8 -- 383.81 -- 383.81

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 状態
県立 県本1F /383.81/161/ 23019300 図書

資料詳細

タイトル 肉食の社会史
タイトルカナ ニクショク ノ シャカイシ
著者 中澤克昭 /著  
著者カナ ナカザワ,カツアキ  
出版地 東京
出版者 山川出版社  
出版年 2018.8
ページ数 419p
大きさ 20cm
本体価格 2500円
注記-著者紹介(責任表示注記) 著者紹介:1966年、長野県長野市川中島町に生まれる。1995年、青山学院大学大学院文学研究科史学専攻博士後期課程退学。2014年、上智大学文学部准教授。2017年から同教授。著書に『中世の武力と城郭』(1999年、吉川弘文館)などがある。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
NDC分類(8版) 383.8
NDC分類(9版) 383.81  
NDC分類(10版) 383.81
ISBN 4-634-15138-3
ISBN13桁 978-4-634-15138-3
言語等 日本
一般件名 肉食-日本-歴史 , タブー
内容紹介 内容紹介:人間は、動物を殺して食べることに、いつから「うしろめたさ」を抱いてきたのか、それともそれは後世の「文化」なのか。中世の肉食文化を探り、獣肉食のタブーの基調はいかに形成されたのか、実態との間にどのような葛藤があったのかを確認する。
URL https://www.klnet.pref.kanagawa.jp/winj/opac/switch-detail-iccap.do?bibid=1106507123