-- 片山由美子/編 -- 角川学芸出版,角川グループパブリッシング(発売) -- 2009.11 -- --

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 状態
県立 県公開 /911.3/194/1 22373856 図書

資料詳細

タイトル 俳句を作る方法・読む方法
タイトルカナ ハイク オ ツクル ホウホウ ヨム ホウホウ
叢書名 俳句教養講座
叢書名カナ ハイク キョウヨウ コウザ
著者 片山由美子 /編, 谷地快一 /編, 筑紫磐井 /編, 宮脇真彦 /編  
著者カナ カタヤマ,ユミコ, タニチ,ヨシカズ, ツクシ,バンセイ, ミヤワキ,マサヒコ  
出版地 東京
出版者 角川学芸出版, 角川グループパブリッシング(発売)  
出版年 2009.11
ページ数 250p
大きさ 19cm
本体価格 2286円
タイトル注記(タイトルに関する注記) 内容: 俳句を作ること 俳句の作者 / 山下一海著 古典詩歌における「わたくし」 / 宮脇真彦著 俳句に何を詠んできたか / 仁平勝著 和歌・俳諧(古典)の題詠 / 渡部泰明著 短歌の題詠 / 今井恵子著 俳句の題詠 / 本井英著 〈物〉を詠むということ / 藤田真一著 近世絵画に見る写生 / 佐々木丞平著 写生の詩学 / 松井貴子著 俳諧における虚構と現実 / 玉城司著 俳句における虚構と現実 / 中岡毅雄著 挨拶・即興の詩学-時・場・もの / 堀信夫著 挨拶・即興の詩学-俳句の場合 / 井上弘美著 俳句を読むということ 選者という読者-俳諧を中心に / 佐藤勝明著 選者という読者-高浜虚子を中心に / 片山由美子著 俳句的ということ / 谷地快一著 「古池や蛙飛こむ水の音」をめぐって はじめに / 宮脇真彦著 幕末・明治期の解釈 / 越後敬子著 山吹や蛙飛こむ水の音 / 深沢眞二著 「蛙」の伝統と革新 / 楠元六男著 「古池」とは何か / 矢島渚男著 俳句における批評の役割 / 高柳克弘著 誤読の俳句史 / 櫂未知子著
注記-内容注記 内容紹介:日常のディテールを俳句にするものは何か。和歌以来の「題詠」の方法、絵画の「写生」と俳句の「写生」、俳句の選や批評は何のためにあるのかなどを解説。俳句はいかに作り、いかに読むか、基本の基本を振り返る。
採用分類表 9
採用分類表による分類記号 911.307
ISBN 4-04-621471-3
ISBN13桁 978-4-04-621471-3
一般件名 俳句 , 作法
URL https://www.klnet.pref.kanagawa.jp/winj/opac/switch-detail-iccap.do?bibid=1103818036

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
俳句の作者 山下一海/著
古典詩歌における「わたくし」 宮脇真彦/著
俳句に何を詠んできたか 仁平勝/著
和歌・俳諧(古典)の題詠 渡部泰明/著
短歌の題詠 今井恵子/著
俳句の題詠 本井英/著
〈物〉を詠むということ 藤田真一/著
近世絵画に見る写生 佐々木丞平/著
写生の詩学 松井貴子/著
俳諧における虚構と現実 玉城司/著
俳句における虚構と現実 中岡毅雄/著
挨拶・即興の詩学-時・場・もの 堀信夫/著
挨拶・即興の詩学-俳句の場合 井上弘美/著
選者という読者-俳諧を中心に 佐藤勝明/著
選者という読者-高浜虚子を中心に 片山由美子/著
俳句的ということ 谷地快一/著
はじめに 宮脇真彦/著
幕末・明治期の解釈 越後敬子/著
山吹や蛙飛こむ水の音 深沢眞二/著
「蛙」の伝統と革新 楠元六男/著
「古池」とは何か 矢島渚男/著
俳句における批評の役割 高柳克弘/著
誤読の俳句史 櫂未知子/著