公開

気温・湿度が高い梅雨の時期は、食中毒の原因となる細菌の増殖が活発になるため、食中毒が発生しやすくなります。とくに注意したいのが、牛肉・鶏肉などに付着する「カンピロバクター」や、「腸管出血性大腸菌 O-111、O-157」などの細菌による食中毒です。
今回のトピックスのとびらは、食中毒を防ぎ、安全に食べるためのポイントを紹介する、さまざまな資料を挙げてみました。

図書のとびら(食品衛生・食の安全)

フードセキュリティ コメづくりが日本を救う!山下一仁日本評論社2009.3611.3-344

書名 著者 出版者 出版年 請求記号
かながわの食品衛生 神奈川県保健福祉局生活衛生部食品衛生課/編 神奈川県保健福祉局生活衛生部食品衛生課 2011.3 K49-298-15 常置
食の人権 安全な食を実現するフードシステムとは 伊藤恭彦 他/著 リベルタス出版 2010.11 611.3-354
食の安全と環境 「気分のエコ」にはだまされない 松永和紀 日本評論社 2010.4 519-316-11
東アジアにおける食のリスクと安全確保 南石晃明/編著 農林統計出版 2010.3 498.54-66
新訂 早わかり食品衛生法 第3版 食品衛生法逐条解説 日本食品衛生協会 日本食品衛生協会 2010.3 498.54-11
ほんとうの「食の安全」を考える ゼロリスクという幻想 畝山智香子 化学同人 2009.11 498.5-410
食の安全事典 山口英昌 監修 旬報社 2009.10 498.54-63 相談室常置
どうすれば食の安全は守られるのか いま、食品企業に求められる品質保証の考え方 米虫節夫/編 日科技連出版社 2008.9 498.54-61
食品偽装 起こさないためのケーススタディ 新井ゆたか 他 共著 ぎょうせい 2008.9 588-167
ガイドブック食の安全 知識と法律 平沼直人 法学書院 2008.8 498.54-60
生命と食 岩波ブックレット 736 福岡伸一 岩波書店 2008.8 498.54-59
健康食品・中毒百科 内藤裕史 丸善 2007.1 493.15-42

図書のとびら(食中毒)

書名 著者 出版者 出版年 請求記号
カイワレの悲劇 武藤弓子 杉並けやき出版 2009.7 498.54-64
食中毒予防必携 第2版 日本食品衛生協会 日本食品衛生協会 2007.8 493.15-18A
改訂 食中毒予防・処理マニュアル 日本食品衛生協会 日本食品衛生協会 2003.1 493.15-31

雑誌のとびら

記事名 雑誌名 巻号 請求記号
ユッケ食中毒死事件 生レバー、刺身は大丈夫か! サンデー毎日 5049号[2011.5.22号] Z051-111
外食 ― 厚労省の不備も露呈 ユッケ食中毒の悲劇 週刊東洋経済 [2011.5.21号] Z330.5-2
ユッケ、レバ刺し・・・ それでも食べたい人に贈る「生肉の危険な話」 週刊朝日 5067号[2011.5.20号] Z051-47
生肉「ヘルシー信仰」の嘘 AERA 1285号[2011.5.16号] Z051-203
プロに学ぶ 食品衛生管理の知恵 週刊金曜日 [2010.9.3号] Z051-522

新聞のとびら

記事名 新聞名 掲載月日
食中毒対策 下痢・吐き気 早急に受診 読売新聞 6/2(木)夕刊 6
[くらしナビ]食中毒予防 調理の注意点 「細菌性」増える季節 毎日新聞 6/1(水)朝刊 15
食の安全強化急ぐ 衛生・検査、厳格化迫る 日経流通新聞 6/1(水)朝刊 3
ユッケ事件の教訓 食中毒を防ぐ 上:たかが下痢、されど・・・ 軽く見ずに、早く病院へ 年3000~4000人が発症 下:加熱、保存手順に注意 調理後の除菌しっかり 東京新聞 上:5/21(土) 下:5/28(土)朝刊 上:11 下:21
夏の食中毒を防ぐ3原則 洗う・低温保存・加熱処理 家庭でできる食中毒予防のポイント 日本経済新聞 5/28(土)朝刊 日経プラスワン 13
食中毒を防ぐ肉料理の段取り まな板分けて菌移さず 朝日新聞 5/28(土)朝刊 34
腸管出血性大腸菌 ドイツで患者続出 成人女性が多数/感染経路は不明 朝日新聞 5/27(金)夕刊 14
[産科医解体新書] 肉の生食は胎児に影響も 産経新聞 5/24(火)朝刊 19
[時代の風]「安全がある」という神話 原発事故と生肉食中毒 毎日新聞 5/22(日)朝刊 2
[質問なるほドリ] 病原性大腸菌の食中毒はどう防ぐの? 毎日新聞 5/20(金)朝刊 3
スリーエムヘルスケア 10分で簡単に衛生検査 色で結果表示、わかりやすく 日経流通新聞 5/18(水)朝刊 15
鶏の生肉 衛生基準なし 食中毒、毎年500件 産経新聞 5/17(火)朝刊 23
[ニュースがわからん!] O111食中毒、なぜ重症者が多いの 朝日新聞 5/16(月)朝刊 2
[社説] 生肉食中毒 あいまい基準を改めよ 朝日新聞 5/7(土)朝刊 12

インターネットのとびら

サイト名 内容
厚生労働省 食中毒に関する情報
http://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/index.html
食品安全情報のページでは、「家庭でできる食中毒予防の6つのポイント- 家庭で行うHACCP(宇宙食から生まれた衛生管理) -」等の情報が紹介されています。
農林水産省 食中毒から身を守るには
http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/foodpoisoning/index.html
「冷蔵庫のかしこい使い方」、「赤ちゃんを守るために」、「高齢者の方のための食中毒予防」等、具体的な情報も掲載されています。
内閣府 食品安全員会 食中毒関係ホームページ
http://www.fsc.go.jp/sonota/shokutyudoku.html
食品安全委員会は、リスク管理を行う関係行政機関から独立して、科学的知見に基づき客観的かつ中立公正にリスク評価を行う、平成15年7月1日に設置された機関です。 季節特有の食中毒として、「夏 バーベキューによる食中毒」「秋 毒キノコ」「冬~春 ノロウィルス」を挙げ、それぞれの注意事項が紹介されています。
神奈川県 保健福祉局 生活衛生部 食品衛生課
http://www.pref.kanagawa.jp/div/1390/
「かながわの食の安全・安心」のページや、神奈川県食の安全・安心の確保推進条例等の情報を読むことができます。