公開

今、宮澤章二、金子みすゞの詩集が注目を集めています。CMで使われた詩集、「行為の意味 青春前期のきみたちに」(宮澤章二/ごま書房新社)、「わたしと小鳥とすずと」(金子みすゞ/JULA出版局)は、注文が殺到し、増刷されるほどの人気となっています。テレビで大量にCMが流されたことが、人気にさらに拍車をかけていると思われます。 金子みすゞ[1903(明治36)年-1930(昭和5)年]は、山口県生まれ。大正末期、西条八十に見出され、すぐれた作品を発表しましたが、26歳の若さで世を去りました。(当館所蔵詩集 『なしのしん』より 〈請求記号:E1-カ〉) 宮澤章二[1919(大正8)年-2005(平成17)年]は、埼玉の生んだ詩人で、クリスマスソング「ジングルベル」の訳詩者でもあります。 今回のトピックスのとびらは、広告の持つ強いメッセージ性を活かして発信する「公共広告」に関するさまざまな情報を集めてみました。

図書のとびら(公共広告)

書名 著者 出版者 出版年 請求記号
公共広告の研究 植條則夫 日経広告研究所 2005.6 361.46-11
公共広告は社会を変える
―日米ACの歩みと全貌―
植條則夫 電通 2001.1 361.46-7
世界の公共広告
世界は「公共広告」のテーマに満ち満ちている
金子秀之 研究社出版 2000.6 361.46-6
キャンペ-ン作品集
1971年(昭和46年)~1996年(平成8年)
公共広告機構 編 公共広告機構 1997.5 361.46-4-96
社団法人 公共広告機構20年史 公共広告機構20周年事業実行委員会20年史編集部会 編 公共広告機構 大阪事務局 1992.5 361.46-3

図書のとびら(テレビCM・広告全般)

書名 著者 出版者 出版年 請求記号
テレビ・コマーシャルの考古学
昭和30年代のメディアと文化
高野光平 他編 世界思想社 2010.7 674.6-26
知的で、イキで、お洒落な 世界の広告たち 金子秀之 研究社 2010.3 674-217
ACC CM年鑑 2010 全日本シーエム放送連盟 編 宣伝会議 2010.2 674.9-65-2010 常置
CMクリエイティブ論 テレビCMはどこへいくのか 伊藤孝一 風塵社 2008.5 674.6-22
最新≪業界の常識≫ よくわかる広告業界 伊東裕貴 編著 日本実業出版社 2008.3 674.4-9
文化としてのテレビ・コマーシャル 山田奨治 編 世界思想社 2007.3 674.6-20
脳科学から広告・ブランド論を考察する 山田理英 評言社 2007.1 674.1-112
メディア時代の広告と音楽
変容するCMと音楽化社会
小川博司 他 新曜社 2005.11 674.6-19
あの広告コピーはすごかった!
心に響いた優秀コピー900選
安田輝男 中経出版 2001.1 674.21-9
広告のヒロインたち 島森路子 岩波書店 1998.12 674.21-7

雑誌のとびら

記事名 雑誌名 巻号 請求記号
特集:広告界の徹底研究 453[2011.3] Z051-209
巻頭特集:広告の力で日本を元気にする10の提案
"課題解決力"を政治・経済・生活に向ける
宣伝会議 806[2011.2.1] Z674.9-250
国際平和と広告 長崎県立大学国際情報学部 研究紀要 11[2010] Z051-717
特集:広告の力で社会に良いこと!!
戦う!世界のソーシャル広告
ブレーン 604[2010.11] Z674-42
特集:社会的課題と広告コミュニケーション 読売ADリポート ojo 2010年2・3月号 Z674-502
特集:進展するCSRコミュニケーション
―環境広告を中心に―
AD STUDIES 22[2007.Autumn] Z674-504
特集:公共広告
―社会に発言する広告―
AD STUDIES 14[2005.Autumn] Z674-504

新聞のとびら

金子みすゞの詩 人気 震災後CM 「遊ぼう」っていうと 「遊ぼう」っていう毎日新聞4/10(日)朝刊25

記事名 新聞名 掲載月日
今 こだまするとき 金子みすゞの詩に学ぶ 矢崎節夫 神奈川新聞 4/20(水)朝刊 15
心癒やす詩 広がる共感 震災後のCMで注目 金子みすゞと宮澤章二
〈こころ〉はだれにも見えないけれど / 「遊ぼう」っていうと
毎日新聞 4/17(日)朝刊 15
キミの名は ACジャパン "純民間"強調するために改名 朝日新聞 4/16(土)朝刊 b3
「こころ」はだれにも見えないけれど... 宮澤章二さんの詩集に注文殺到 産経新聞 4/13(水)朝刊 17
はてなTV Q あいさつの歌は? 朝日新聞 4/12(火)朝刊 25
心癒やす詩 広がる共感
震災後のCMで注目 金子みすゞと宮澤章二
〈こころ〉はだれにも見えないけれど / 「遊ぼう」っていうと
毎日新聞 4/17(日)朝刊 15
みすゞ詩集 共感のこだま 公共CMで反響、売り上げ急増 日本経済新聞 4/9(土)夕刊 11
被災地を励ます選手の言葉 ACジャパン「震災臨時キャンペーン/サッカー」編 読売新聞 3/28(月)夕刊 7
「AC」の音声は不快か? 読売新聞 3/22(火)朝刊 26

インターネットのとびら

サイト名 内容
ACジャパン(旧:公共広告機構)のホームページ
http://www.ad-c.or.jp/
話題のテレビCM 「こだまでしょうか」 「見える気持ちに。」等、ACジャパンが発信するCMが閲覧できます。現在流れている2010年7月~2011年6月までのキャンペーンCMの他、いままでの作品の情報も満載されています。
アド・ミュージアム東京
http://www.admt.jp/index.html
「アド・ミュージアム東京」は、広告とマーケティングに関する研究の振興と社会的理解の醸成を目的とする、2002年12月に開館した日本で唯一の広告のミュージアムです。 現在、「日本の公共広告」が常設展示されています。