図書館で学ぶ知的財産講座
‐弁理士と共に学ぶ初心者向け知財‐

知的財産権について4回に分けて弁理士が基礎からわかりやすくお話します。図書館で得られる情報についても紹介しますので、セミナーの後で図書館でさらに学びましょう。
4回のセミナーはそれぞれ単独で受講することもできます。

国の「緊急事態宣言」を受けた「特措法に基づく緊急事態措置に係る神奈川県実施方針」を踏まえ、第3回は中止となりました。
セミナー題目 講師 開催期日 申込期間 募集状況
【第1回】商標権と意匠権ってどんな権利?
-「コカ・コーラの瓶」を例に一緒に考えていただきます-
穂坂
道子氏
10月17日
(土曜日)
9月22日
(火曜)
から
先着順
終了しました
【第2回】弁理士と共に学ぶ&学び直す特許・実用新案 佐藤
高信氏
12月19日
(土曜日)
11月10日
(火曜)
から
先着順
終了しました
【第3回】デジタル・ネットワーク時代の著作権 高原
千鶴子氏
2月20日
(土曜日)
1月
募集開始
中止
【第4回】中小企業・中小ベンチャー企業における特許力強化西山
恵三氏
4月17日
(土曜日)
3月
募集開始

【第1回】商標権と意匠権ってどんな権利?
-「コカ・コーラの瓶」を例に一緒に考えていただきます-

終了しました。

商標権と意匠権、この2つは全く性質の異なる権利なのですが、お客様と接するにあたり、この2つを混同しておられる例に時折り遭遇します。両者の違いをご理解いただき、知財戦略に役立てていただきたいと思います。

日程:令和2年10月17日(土曜)14時から15時(13時半受付開始)
申込期間:令和2年10月13日(火曜)まで先着順

講師:穂坂道子氏(日本弁理士会関東会役員)
・日本弁理士会関東会役員
・河野国際特許商標事務所 所長
・小田原箱根商工会議所 知財相談員
・平塚商工会議所 知財相談員

チラシによるご案内はこちら(PDF 814KB)


【第2回】弁理士と共に学ぶ&学び直す
特許・実用新案

終了しました。

・特許制度がなかったら→豊田佐吉と臥雲辰致は25年でこんなにも違う!
・特許請求の範囲はなぜ必要?⇔特許と論文はどう違う
・「いきなりステーキ」が特許を取った!
・特許は早い者勝ち→3人は同じことを考えている!
・アルキメデスの原理は特許にならないけれど?
・吉野彰さんや田中耕一さんのノーベル賞を受賞しました!→特許は?
・15時に一旦終了後、15時から15時30分までの間に、ご希望される方から質問を受け付けます。

日程:令和2年12月19日(土曜)14時から15時(13時30分受付開始)
申込期間:令和2年12月15日(火曜)まで先着順

講師:佐藤高信氏(日本弁理士会関東会神奈川委員会委員)
2011年弁理士登録
・民間企業の研究所で開発に従事(約70件の特許出願に発明者として関与)
・知的財産部で特許出願・権利化を担当

チラシによるご案内はこちら(PDF 869KB)


会場

神奈川県立川崎図書館 カンファレンスルーム


定員

各回20名(先着順)


受講料

無料


申込方法

終了しました。


共催

日本弁理士会関東会、神奈川県立川崎図書館、神奈川県立産業技術総合研究所


後援

神奈川県発明協会 INPIT神奈川県知財総合支援窓口



お問い合わせ

企画情報課まで
〒213-0012 川崎市高津区坂戸3-2-1 KSP 西棟2階
電話:044-299-7825