企業関係者と弁理士の知財研究会

企業関係者と弁理士が集まり、知的財産に関する優れた文献の輪読を行い、各自の知識や意見を出し合って、参加者全員の知財に関する思考力や知識の向上を図る研究会です。
2018年度のテーマや実施報告はこちら
2019年度のテーマや実施報告はこちら


日時

・2020年9月24日(木曜日)
・2020年11月26日(木曜日)
・2021年1月28日(木曜日)
・2021年3月18日(木曜日)


各日2回開催いたします。
1回目15時30分から17時00分
2回目17時30分から19時00分
※1回目と2回目は同じ内容を行います。


<Zoom受講も可能です>
※ただし、Zoom受講の場合、音声が聞き取りづらい場合がございます。
※お申込み時に、会場受講かZoom受講かを選択する必要はありません。


ご来館の際は、必ず、マスクを着用していただき、体調が悪い場合は、無理にご来館されないようお願いいたします。
新型コロナウイルス感染症拡大の状況等によっては、中止とする場合があります。


場所

神奈川県立川崎図書館 カンファレンスルーム


定員

各回10名(先着順)


司会・進行

保科敏夫氏(弁理士)
鈴木一徳氏(弁護士・弁理士)


参加者

企業関係者(従業員・経営者)または弁理士
企業でどこの部署に所属の方でもご参加いただけます。


使用教材

使用教材をお持ちの場合はご持参ください。
お持ちでない場合は当館所蔵の資料を複写していただく必要があります。
当館にて複写申し込みをしていただき、実費負担(1枚10円)の上、複写していただきます。
複写の時間を考慮の上、少し早めのご来館をお願い致します。

2020年
9月24日(木曜日)
テーマ「特許権の共有及び特許権の消尽」
①知財管理2012年2月号231頁~ 「川上・川下企業間での共有特許の川下企業の自己実施範囲」
②知財管理2015年3月号359頁~ 「川上・川下企業間での部材と完成品に係る共有特許と消尽」
③パテント2015年7月号62頁~ 「間接侵害品の譲渡と特許権の「消尽」」
 ウェブでも公開(https://system.jpaa.or.jp/patents_files_old/201507/jpaapatent201507_062-077.pdf
2020年
11月26日(木曜日)
内容「製造業者のノウハウ・知的財産権を対象とした優越的地位の濫用行為等に関する実態調査報告書」(公取委)を、企業関係者・弁理士・弁護士がそれぞれの視点で読む(予定)

テーマ・教材については決定次第当館ホームページに掲載いたします。

お申込方法

先着順で応募を受け付けしています。
下記のフォームへのリンクからお申込みください。
受講申込のページ(別ウィンドウ)

2020年9月24日(木曜日)1回目15時30分から17時は満員となりましたので受付を終了しました。


お問い合わせ

企画情報課まで
〒213-0012 川崎市高津区坂戸3-2-1 KSP 西棟2階
電話:044-299-7826