フランク・ステレ・ブース(Frank Stelle Booth:1880年5月15日から1957年1月27日)氏はフェリス女学院第2代校長のユージン・S・ブース氏の長男として長崎に生まれ、2歳のときに横浜に来ました。16歳で渡米し、大学卒業後日本に戻り、日魯漁業ほか数社に関係し、日本の水産・農業・畜産などの開発に多大な貢献をされました。その間亡くなるまで鎌倉に在住し、フェリス女学院にブース記念文庫を寄贈したり、材木座幼稚園などいろいろな学校、慈善団体を後援するなどされていました。1957年には勲三等瑞宝章を授与されています。

ブース氏の死後、日魯漁業の平塚常次郎氏らのご好意によって蔵書は当館に寄託され、ブース氏にゆかりの深い神奈川県民に供されることになりました。

コレクションは英語・フランス語図書を中心とした664冊からなっており、ブース氏の専門だった農業・経済関係だけでなく、日本および中国に関する文学書や歴史書など幅広い分野にわたっています。このコレクションの目録として「Catalogue of mr. Booth's Book Collection」があります。

ブース文庫一覧(OPAC)

このコレクションは館内のみの利用となります。ご利用については調査相談カウンター(本館1階 電話番号:045-263-5901)にお問合せください。