活動評価

神奈川県立図書館の活動評価(平成25年度)

評価数値へ活動評価詳細ファイルへ

 神奈川県立図書館では、図書館活動について計画→実施→評価のサイクルを実現し、運営の持続的な改善を図ることを目的として活動評価を行っています。

 平成25年度は、前年度に引き続き、県民・利用者の皆様に県立図書館の基本方針をわかりやすく表している図書館活動の項目を取りあげて、年間数値目標を設定し、図書館サービスの改善に取り組みました。

このたび、平成25年度の活動実績を踏まえて活動評価をまとめましたので、公表いたします。

評価の概要

 平成25年度の活動評価としては、5つの基本指標のうち、「テーマによる資料展示回数」「職員の文献等執筆及び講師実績件数」の2項目は「評価A」、「県民公開講座参加者数」「ホームページコンテンツの新規作成件数」の2項目は「評価B」、「データベース利用者数」「メディア掲載件数」の2項目は「評価C」となりました。

 これらの実績をもとに、平成26年度についても数値目標を設定し、全館をあげて県民・利用者サービスの向上に努めてまいります。

評価レベル説明へ
活動指標 実績 数値目標 達成率 評価
(1)データベース利用者数 362人 500人 72.4%
(2)テーマによる資料展示回数 123件 100件 123.0%
(3)県民公開講座参加者数 1,128人 1,200人 94.0%
(4)職員の文献等執筆及び講師実績件数 101件 70件 144.3%
(5)ホームページコンテンツの新規作成件数 72件 80件 90.0%
(6)メディア掲載件数 27件 40件 67.5%

 評価はA、B、C、Dの4段階評価とし、各レベルを下記のとおりとしました。原則として年度当初に設定した数値目標の達成率で判断しましたが、各目標の実現・達成に沿う取り組みや実績も加味しました。

 評価A: 数値目標を達成し、高いレベルで活動が展開されている。
 評価B: 数値目標をほぼ達成し、標準的なレベルで活動が展開されている。
 評価C: 数値目標を達成していないが、標準的なレベルでの活動は展開されている。
 評価D: 標準的なレベルに達していない。

(参考:平成26年度の数値目標)
『活動評価』の詳細(PDFファイル:378kb)