本文へ移動

トピックスのとびら

図書館には図書、雑誌、神奈川資料、新聞、視聴覚資料、インターネットといったたくさんの情報のとびらがあります。
そのとびらを開いて、時事的な話題を複合的な視点から紹介します。

No.118 戦後70年 昭和の世相から (2015年5月発行)

 2015年、戦後70年を迎えました。児童文学者のかこさとし氏は、著書『未来のだるまちゃんへ』(文藝春秋 2014年 <請求記号K72/164 常置>)のなかで、「敗戦のとき、僕は十九歳でした。僕は「終戦」と言わないで「敗戦」と言うのですが、それは戦争に負けて、てのひらを返すように態度を変えた大人たちを見て、ものすごく失望憤激したからです。」と語っています。(5月15日から8月12日までの本館展示『神奈川ゆかりの児童文学作家がみた戦争』で詳しく紹介いたします。ぜひ、ご覧ください。※休館日:月曜日(祝日除く)と6月11日、7月9日 9時-19時(土日祝日は17時まで。))
 また、各メディアもいろいろな側面から戦後70年を取り上げています。戦後70年といっても、人それぞれの70年であったと思います。所蔵資料の中からいくつかご紹介します。

図書のとびら

紹介資料表紙 『占領期生活世相誌資料 1 敗戦と暮らし』
永井良和編 新曜社 2014年 請求記号:210.76/317/ 1 (22760334) 公開 全3巻 刊行中(1巻のみ既刊)

 日本がアメリカと戦争をして負けたことを知らない若い人たちが出てきたことが一時話題になりました。「ギブ・ミー・チョコレート」を体験した人も少なくなっていると思います。(本書の表紙は、「進駐軍放出のチョコレートに喜ぶ孤児」です。)この『占領期生活世相誌資料』全3巻は、占領軍の検閲により日の目を見なかった膨大な雑誌記事がアメリカに送られたおかげで無傷で保存されていたアーカイブ(プランゲ文庫)から、生活と世相に関わる、当時を彷彿とさせるものを選んで、収録・解説したものです。

紹介資料表紙 "『the Chronicle -ザ・クロニクル戦後日本の70年 1    1945-49廃墟からの出発』
" "共同通信社戦後70年写真事業実行委員会編 共同通信社発行 幻冬舎発売 2014年 請求記号:210.76/319/1(22767289) 公開 全14巻 刊行中(6巻まで既刊)

   共同通信社と全国の新聞社が所蔵する報道写真をもとに構成した、戦後70年を概観する写真集です。写真による戦後ニッポン年代記です。物不足の大戦直後、人気を集めた「カストリ焼酎」。急造された粗悪な密造酒のことで、これにちなんで当時流行していた大衆娯楽雑誌も「カストリ雑誌」と呼ばれていたそうです。その由来は安直な内容のため多くは3号でつぶれることから「3合も飲めば酔いつぶれる」カストリ焼酎にかけたとする説や、カストリ紙と呼ばれる配給統制外の粗悪な紙を使っているからだという説もあります。

紹介資料表紙 『キャッチフレーズの戦後史』
深川英雄著 岩波書店 1991年 請求記号:674.21AA/3(20410767)  書庫

 「十円で買える……仁丹歯磨」(仁丹歯磨 昭和24年)、 「セイコー舎の時計が正午をお知らせいたします」(精工舎 昭和28年)、「ボクの名前はヤン坊」(ヤンマーディーゼル 昭和34年)など新聞や雑誌の広告やラジオ、テレビのCMなどのキャッチフレーズは、それぞれの時代を見事に映しだしてきました。傑作、話題作の生まれた背景やいろいろな社会現象などを振り返りながら広告と世相のかかわりをみていくキャッチフレーズによる戦後史です。

紹介資料表紙 『鉄窓の月 -戦犯者の信仰記録-    謹みて此書を田嶋隆純先生に献ず』
白蓮会内 冬至堅太郎編  白蓮会内信仰記編纂会 1953年 請求記号:916/1001(22775118) 書庫 常置

 本書は、「戦争犯罪人」の烙印を捺された33人の手記です。肉体的な束縛や圧迫ばかりでなく、内的な苦しみと闘ってきたなかで、自分を救えるのは信仰の道であると悟った人びと。宗派がちがう人びとが、それぞれの思いを綴った記録集。ガリ版刷りの製本です。表題の鉄窓は、鉄格子のはまった窓。転じて、牢獄のこと。

雑誌のとびら

紹介資料表紙 「戦後70年「70人の証言」   激動の時代に歴史の扉を未来へ押しあけた人々」
『文藝春秋』 文藝春秋 93巻1号 2015年1月 p240-410 請求記号:Z051-12

 あの敗戦から70年。敗戦と占領、東京五輪、高度経済成長、沖縄返還、バブル崩壊、東日本大震災・・・戦後を生きた70人の人びとの証言から戦後70年を振り返ります。昭和39年10月1日。東海道新幹線開業。午前6時に新大阪を出発して東京に向かう「ひかり2号」。運転席に座った大石和太郎さん。通達に背いた時速210キロ・・・本人が語るエピソードとともに戦後日本の姿を映し出しています。

紹介資料表紙 「戦後70年-日本の言い分  「鎮魂のペリリュー島」」
『Voice   ボイス』 PHP 通巻446号 2015年2月 p60-71 請求記号:Z051-106

 戦後70年に当たり、天皇皇后両陛下は,去る4月8日から9日にかけて、戦争により亡くなられた人々を慰霊し平和を祈念されるため、パラオ共和国を訪問されました。井上和彦氏(ジャーナリスト)が日米両軍が死闘を繰り広げたペリリュー島を慰霊、鎮魂の意味を込めて、自身の経験を踏まえ「鎮魂のペリリュー島」と題して、紹介しています。ペリリュー島に戦後再建されたペリリュー神社には石碑があり、そこには「諸国から訪れる旅人たちよ、この島を守るために日本軍人がいかに勇敢な愛国心をもって戦い、そして玉砕したかを伝えられよ」と書かれているそうです。

新聞のとびら

かながわの戦後『朝日新聞』(朝刊 横浜版) 2015年
  第1部(1)野球場の70年
 1月1日/(2)中華街の70年 1月3日/(3)ドブ板通りの70年 1月4日/ (4)氷川丸の70年 1月5日/(5)命を支えた70年 助け合い育む団地の湯 1月6日/ (6)伊勢佐木の70年 1月7日/(7)給食の70年 1月8日/(8)革新自治体の70年 1月9日/(9)鉄道高速化の70年 1月10日/(10)演劇の70年 1月12日/(11)(完)お菓子の70年 1月14日   
  第2部(1)2月26日、(2)2月27日、(3)3月1日 、(4)3月3日、(5)3月5日、(6)3月6日 、(7)3月7日
 第1部では、神奈川にゆかりの人たちや場所のさまざまな物語を紹介しています。「○○の70年」と題した全11回のシリーズです。たとえば、「お菓子の70年」では、豊島屋の鳩サブレーが取り上げられています。戦後はじめて、鳩サブレーを食べたのは、GHQ(連合国軍総司令部)のマッカーサー元師だったそうです。  第2部では、米軍と自衛隊の施設が多く立地する神奈川県。背景には首都防衛の拠点として陸海軍の基地が置かれていた戦前からの歴史がありました。全7回にわたって、その歴史を紹介しています。

戦後70年『読売新聞』(朝刊 横浜版) 2015年
 第1部 「米軍施設の今を考える」   (1)「上瀬谷」ウド農家危機感
 2月6日/(2)「池子」市民運動で前進 2月7日/(3)闘争越え相模原再開発 2月8日/(4)根岸「陸の孤島」に暮らす 2月11日/(5)墜落事故後世に伝える 2月12日
神奈川県内の「戦後70年」を振り返る年間企画です。第1部は「米軍施設の今を考える」として全5回にわたる連載記事です。

視聴覚資料のとびら

天皇の玉音放送
請求記号:210.75/477(13474952) 書庫 付属CD
 「堪え難きを堪え、忍び難きを忍び……」という一節だけを聞いたことがある人が多いと思います。昭和20年8月15日の正午、昭和天皇はラジオを通じて国民に日本の無条件降伏を宣言しました。戦争終結に関する詔書(いわゆる終戦の詔書)です。国民は初めて天皇の肉声を聞いたそうです。この「終戦の詔書」をCDで聞くことができます。
 活字では、「天皇の玉音放送」 (小森陽一著 五月書房<210.75/477>)p44-52 の中に全文が記載されています。

インターネットのとびら

昭和館
http://www.showakan.go.jp/index.html
 昭和館は戦没者遺族をはじめとする国民が経験した戦中・戦後(昭和10年頃から昭和30年頃までをいいます。)の国民生活上の労苦についての歴史的資料・情報を収集・保存・展示し、後世代の人々にその労苦を知る機会を提供する国立の施設です。(「昭和館」のホームページより)