かながわ資料室ニュースレター第27号(2011年12月発行)

新着資料から

◆『武家の古都・鎌倉の文化財』
 五味文彦監修 角川学芸出版発行 2011年 [K70.4/59]

 今年9月、政府は世界遺産条約関係省庁連絡会議を開き、「武家の古都・鎌倉」と「富士山」をユネスコの世界文化遺産として推薦することを決めました。
 鎌倉は武家によって創られた最初の政権都市です。源頼朝によって武家政権が開かれると将軍を中心とした独自の政治機構と法を整え、武家政権の基礎を築きました。そして、武家が創りあげた精神や文化は現代にまで伝えられ、日本人の価値観や行動様式の発展に重要な役割を果たしてきました。
 本書は、鎌倉の世界遺産登録を視野に入れて編んだものです。京都の公家文化に対する鎌倉の武家文化という視点で検証し、鎌倉に点在する24の遺跡や建造物など文化財を紹介しています。
 「武家の古都・鎌倉」が世界遺産に登録されるかどうかは2013年夏に決まる見通しです。

◆『ワーグマンが見た海』―洋の東西を結んだ画家―
 神奈川県立歴史博物館編 神奈川県立歴史博物館発行 2011年 [K06/57/2011-6]

 本書は、平成23年6月11日~7月31日まで、神奈川県立歴史博物館で開催された「チャールズ・ワーグマン来日150周年記念 ワーグマンが見た海―洋の東西を結んだ画家―」の図録です。
 チャールズ・ワーグマンは、1832年にロンドンに生まれ、1857年にイラストレイテッド・ロンドン・ニューズ社の特派員(報道画家)になります。
 彼は、イギリスと中国(当時は清)との間でおこった第二次アヘン戦争を取材するために中国へ行きます。そして1861年に来日し、幕末明治の風景・風俗・事件など、さまざまな様子を描きます。また、日本で最初の漫画雑誌『ジャパン・パンチ』も創刊しました。
 本書に紹介された作品や関係資料からは、彼が東洋と西洋を繋ぐ重要な役割を果たす存在だったことが感じられます。

かながわ資料室の新着資料

かながわ資料室の新着資料の一部をご紹介します。

タイトル 著者 出版者 出版年 請求記号
国をたがやした金次郎漆原智良同友館2011K157/663/2
大災害・国難に立ち向かう!二宮尊徳のこころ梅津敏裕日本地域社会研究所2011K157/665
新編鎌倉事典涌田佑文芸社2011K20.4/18
鎌倉・横浜・湘南今昔歩く地図帖井口悦男学研パブリッシング2011K21/105
相模武士 第4巻湯山学戎光祥出版2011K21.5/14/4
仏教芸術 164号仏教芸術学会毎日新聞社1986K24.4/79a
論集戦国大名と国衆 5 岩田書院2011K28/392/5
武蔵松山城主上田氏梅沢太久夫まつやま書房2011K28/400
開国と英和辞書堀孝彦港の人2011K28/401
全神奈川便利情報地図 昭文社2011K291/749/2011
川崎市Walker 2011-2012年版 角川マガジンズ2011K291.21/146/2011
湘南・三浦半島樋口一郎東京新聞2011K291.3/83
ふるさとの歴史散歩茅ケ崎郷土会茅ケ崎郷土会1983K291.53/9a
横浜・川崎 昭文社2011K292/217/2011
横浜事件・再審裁判とは何だったのか大川隆司高文研2011K32.1/90
全記録:横浜事件・再審裁判横浜事件・再審裁判=記録/資料刊行会高文研2011K32.1/91
ドキュメント横浜事件横浜事件・再審裁判=記録/資料刊行会高文研2011K32.1/92
ひとりぼっちのあなたへ横浜市旭区ブックレット編集委員会やどかり出版2011K36.15/29
岡本太郎と日本(にっぽん)の祭り川崎市岡本太郎美術館二玄社2011K38.21/55
三浦市民俗シリーズ 15三浦市教育委員会三浦市教育委員会2011K38.33/10/15
関東病院情報 2011年版 医事日報2011K49/170/2011
まるごと神奈川!グルメガイドジェイアクトメイツ出版2011K67/254
厚木のサムライたち厚木シロコロ・ホルモン探検隊同友館2011K67.92/13
鉄道湘南スタイル石塚純一枻(エイ)出版社2011K68/497
箱根の山に挑んだ鉄路青田孝交通新聞社2011K68.85/153
風景スタンプぷらぷら横浜古沢保日本郵趣出版2011K69.1/47
ミラクル絵巻で楽しむ小栗判官と照手姫岩佐又兵衛東京美術2011K72.52/25
町に音楽を岡敬三東京図書出版2011K76.18/11
高校野球神奈川グラフ 2011神奈川新聞社神奈川新聞社2011K78 38/2011
手術は、しません団鬼六新潮社2011K99/76

コラム・かながわ・フォーカス

[神奈川の祭り ~昭和の記録写真から~]

≪世附(よづく)の百万遍(ひゃくまんべん)念仏(ねんぶつ)≫…山北町(能安寺)
  神奈川県指定無形民俗文化財

 写真撮影日:昭和39年2月17日 [請求記号:K47]

【解説】
 山北町世附に伝わる百万遍念仏は、毎年2月15日から17日までの3日間(もとは4日間)まで山北町世附の能安寺で行われていました。三保ダム建設前の世附は、西丹沢の幽境にある世附川沿いの集落で、戸数は125戸でした。昭和49年のダム工事で世附地域が水没し、百万遍念仏は一時中断しましたが、3年後の昭和52年に山北町向原能安寺道場で復活しました。以後、毎年15日に近い土、日曜日の2日間で行われています。
 百万遍念仏とは、阿弥陀の名号を一百万遍唱えることによって、村中安全、疾病退散、安心決定(けつじょう)、安心立命を得るもので、600年前の南北朝時代の発祥と伝えられています
 百万遍念仏は大数珠を巨大な数珠車に取り付け、数珠を吊り降ろした格好で、回し投げるという全国的にも珍しい行法です。

山北町世附の写真
写真1
昭和49年までの山北町
世附。この地は現在、
丹沢湖の湖底です。
数珠車の写真
写真2「数珠車」
大数珠は丹沢の水桃木で
作られ、長さ9メートル、
数珠の数は302個を数えます。
大数珠の回転の写真
写真3
大数珠を回転させ、波がし
らのように曲線を描いて
床の上に打ち付けます。
数珠の回転を計算する人々の写真
写真4
数珠の回転を計算すると
同時に、平音・中音・高音という
三音階の念仏声が発せられます。

※画像をクリックすると拡大します(写真1と2)

【参考文献】
『神奈川県史 各論編5 民俗』神奈川県企画調査部県史編集室編 1977年 [請求記号:K21/16-2/5]
『かながわの祭と芸能』永田衡吉著 1977年 [請求記号:K38/52]
『神奈川県文化財調査報告 第24集』神奈川県教育委員会編 1958年 [請求記号:K06/1/24]


コラム・かながわ あの人・この人

岩波 午心【いわなみ ごしん】 生誕年不詳~文化14年(1817)

 江戸時代中期から後期の俳人。
 午心は小田原に生れ、雪中庵三世大島蓼太(りょうた)に俳諧を学びました。蓼太の没後は、雪中庵四世完来(かんらい)に師事します。号は山花人と称しましたが、後に午心と改めました。
 午心は小田原で名を成してから江戸に移り、中央俳壇で活躍し、江戸の俳壇で名をあげます。あの名高い嵐雪柳のある江戸浜町河岸に住み、柳下とも号しました。午心はまた庵号を葎雪庵(りっせつあん)と称しました。
 三千人余という門人を擁したという蓼太の高弟の一人であり、名声を高めたにもかかわらず、俳諧一筋に徹して清貧に甘んじた生涯を送りました。
 午心の著書としては寛政元年の『探荷集』六編と、寛政10年の『葎雪庵歳旦帖』、文化2年著の『芳春帖』などがあります。没後に刊行された午心関係の俳書は、『玉田集』『錦袋集』『玉田集後編』があります。『玉田集』は高弟北元が午心三回忌記念に遺稿を整理し、その句四百を四季別に分類したもので、『錦袋集』は諸家の追悼句を集めたものです。この二冊は合本として文政2年(1819)に刊行されました。
 これらの俳書を見ると午心の句作の多いこと、門人の多かったことなどが窺われます。当館でも午心の作品は10点以上所蔵しています。
 小田原の俳人の中には他にも江戸に出た人がいましたが、中央俳壇で大家となったのは午心のみであり、その意味で午心の出現は小田原俳諧史に特筆すべきことだといえます。

 

【参考文献】
 『小田原市史 通史編 近世2』 小田原市編 1999年 [請求記号:K21.7/21/2-2]
 『神奈川史談』第12号 ―近世小田原の俳諧文学― 神奈川県立図書館編 1970年 [請求記号:K097/2/12]
 『おだわらの歴史』小田原市立図書館編 2007年 [請求記号:K21.7/21-2]