コレクション紹介

ベストセラーズ文庫

ベストセラーズ文庫の写真

明治以降約140年間のベストセラー・コレクションで、展示等に県内外からも広く利用されています。現在は、毎年の書籍売り上げ上位20位までを継続収集しており、1800冊を越えるこれらの資料群は、世俗・風俗・文化の推移を知る上で貴重であるといえましょう。

明治3年に尚古堂から刊行された福澤諭吉の「西洋事情」は、明治期初のベストセラーです。偽書が横行したため、福澤自身が大阪府知事に取締りを要望したといういわく付きの本でした。また、戦後初のベストセラーは「日米会話手帳」(科学教材社 1945年刊)で、360万部も売れています。

ベストセラーの時代的傾向として、1940年代は戦中の真相を伝える「旋風二十年」「愛情はふる星のごとく」等が読まれ、同時に戦後の生き方を模索する「ものの見方について」がベストセラーになりました。

1950年代は「太陽の季節」「挽歌」「美徳のよろめき」他、戦後作家の開花時代であり、1960年代は経済的なゆとりを背景に「性生活の知恵」「国民百科事典」「頭の体操」等が、1970年代は繁栄の中の翳りとともに「日本列島改造論」「恍惚の人」等が読まれました。

1980年代は「窓際のトットちゃん」が大人気になるなどタレント本が目立ち、1990年代はマルチメディア時代と言われるようになりました。

なお、ベストセラー文庫は館内のみの利用になり、館外貸出はしておりません。調査相談室(本館1階 TEL:045-263-5901)にお問い合せ下さい。

ベストセラーズ文庫一覧(OPAC検索)

また、ベストセラーズ文庫の対象となる資料について、ご寄贈のお願いもしております。リストをご覧のうえ、是非当館までご連絡ください。この本を探しています(ご寄贈のお願い)

文学賞帯付本コレクション

文学賞帯付本コレクションの写真

受賞作はそれぞれの時代において社会的に高い評価を得た作品であり、時代の世相や潮流を反映したという意味でも貴重な資料といえるでしょう。

当館では継続的に文学賞の受賞作を収集しておりますが、小説という分類の中に受賞作も含んで配架していたため、せっかく収集している受賞作が一目では分からない状態でした。そこで、受賞作をもっと知ってもらうため、平成26(2014)年4月に、芥川賞、直木賞、乱歩賞、川端賞を集めた受賞作コーナーを設立しました。さらに、コーナー開設にあたって入手した「受賞帯」付の受賞作を活用し、同年10月、当コレクションの創設に至りました。

コレクションの収集対象は芥川賞と直木賞です。両賞は昭和10(1935)年に制定され、150回以上にわたって続けられてきた由緒ある文学賞です。

当コレクションでは、毎年2回発表される新たな受賞作の収集を行いつつ、随時、欠本の補充にも努めております。『山塔』や『鯨神』など、現在では入手困難とされる貴重な作品から、『火花』などの近年の話題作まで、刊行当時の装幀を損なわない形で保存をしています。
また、同時にコレクションの複本として芥川賞と直木賞の著者署名入り受賞作の収集も行っており、北村薫の署名の入った『鷺と雪』が所蔵されています。

なお、文学賞帯付本コレクションは館内のみの利用となります。詳細につきましては調査相談室(本館1階 TEL:045-263-5901)にお問い合せ下さい。

文学賞帯付本コレクション一覧(OPAC検索)

戦時文庫

戦時文庫の写真

第二次世界大戦下発行の戦意高揚図書コレクションです。

戦時下、戦意高揚政策として文部省は全国に貸出文庫を指導し、神奈川県では金沢文庫が、県下の公私立図書館・学校・青少年団を対象に、貸出を開始しました。この一部が後年、紆余曲折を経て当館に所蔵されることとなりました。

1570冊の図書(うち児童書276冊)は、戦記・戦史・軍事事情・伝記・海外事情・軍事読物・小説・紙芝居などで構成され、戦時下の国民思潮や生活をよく反映しています。

なお、戦時文庫は館内のみの利用となり、館外貸出はしておりません。調査相談室(本館1階 TEL:045-263-5901)にお問い合せ下さい。

なお、神奈川デジタルアーカイブで、電子版戦時文庫目録を公開しています。

戦時文庫一覧(OPAC検索)

全国市町村史資料

全国市町村史資料の写真

県立図書館が開館して以来、現在も継続して収集している、息の長い特別コレクションです。

収集範囲は全国の地方自治体が編集刊行した市町村史本編や資(史)料編などです。依頼をして寄贈していただいていますが、積極的な購入にも努めています。

購入については、以下のように優先順位をつけ、対象地域を絞って収集しています。

  • 各都道府県史
  • 関東甲信越および静岡地区の市史
  • 全国の県庁所在地ならびにそれに準拠する規模(中核都市等)の市史
  • 歴史的・文化的に重要と認められる市町村史
  • 関東甲信越および静岡の町村史

これら市町村史資料は、歴史や地方研究の基本書です。また、国際的な文化交流や異文化の相互理解を進める上でも、これらの資料群の果たす役割は重要であるといえましょう。

なお、神奈川県と隣接地域の市町村史資料については、館内のみの利用となり、館外貸出はしておりません。かながわ資料室(新館4階 ℡045-263-5904)でご覧いただけます。

児童図書コレクション

児童図書コレクションの写真

児童図書コレクションは、1974年に開催された「絵本展」を契機に整備されました。自動車文庫事業(1984年まで)のなかで集積された児童書群も、このコレクションの形成に大きく寄与しています。近年は、児童文学賞の受賞作品を中心に収集しています。

市町村図書館での利用の多い児童書は、汚破損も激しく、廃棄されることが少なくありません。その意味で、このコレクションは神奈川県内公共図書館の保存的役割も果たしており、研究用の資料としても利用されています。

なお、児童図書コレクションは、一部を除き館外貸出が可能です。調査相談室(本館1階 TEL:045-263-5901)にお問い合せ下さい。また、市町村図書館を通じてもご利用になれます。

児童書一覧(OPAC検索)洋書児童書一覧(OPAC検索)

山川菊栄文庫

写真:山川菊栄

山川菊栄は、1890(明治23)年東京に生まれ、1980年(昭和55)年90歳で亡くなられた、戦前・戦後を通じての女性運動の指導者です。

戦後の1947(昭和22)年9月、労働省の発足と同時に、初代婦人少年局長に就任し、多くの著作や論文を残しました。

山川菊栄は、鎌倉の稲村ガ崎や藤沢の村岡に長年住み、「婦人関係等資料収集委員会」の名誉会長としてかながわ女性センター図書館の女性労働資料の充実に尽力いたしました。

かながわ女性センターでは、山川菊栄の長男の振作氏(元東大教授:故人)より寄贈された蔵書をもとに、1988(昭和63)年11月に「山川菊栄文庫」を開設しました。

山川菊栄文庫は、2015(平成27)年4月のかながわ女性センターの藤沢合同庁舎への移転に伴い、県立図書館に移管されました。

男女共同参画の時代の今、未来につなぐ貴重な橋渡しの役割を果たす山川菊栄の文庫が研究者の利用にとどまらず、若い方をはじめとして広く活用されることを願っています。

山川菊栄文庫一覧(OPAC検索)

女性関連資料のページへ


山川菊栄さん ―私なりに心に深く残る点を三つあげたいと思う
金森トシエ氏(初代神奈川県立かながわ女性センター館長)

第一は、その時代の著名な男性たちの女性批判の言動に対して、明晰な理論と鋭い舌鋒で容赦なく切り込み反論している文章の迫力である。

私の心に残る第二は、女性の近代の歴史を山川さんの記憶や思い出だけでなく、母親の日記をはじめさまざまな文書・資料をもとに、目の前に情景が浮かび上がるように詳細にいきいきと綴る描写力の豊かさである。

さらに、私が心ひかれる第三は、藤沢で夫婦で暮らしていた時代の、ひとりの村人・生活者・主婦としての確かな、そして柔らかな視点と姿勢である。夫婦は昭和の初め東京から鎌倉稲村ガ崎に転居、思想を守りながら生計を立てるためにうずらの飼育を始めたが、1936(昭和11)年鎌倉郡村岡村(のちの藤沢市弥勒寺)に土地を得て移った。

その村で暮らしの記は、詳細な日々の観察、農民の過去から現在にいたる労働の記録、その背景の社会の流れへの洞察など、まことに具体的かつ複眼的で読む者を引き込まずにおかない。

私は女性センター内の図書館の特徴を女子労働におくこととした。

山川さんが戦後労働省の初代婦人少年局長を務められたことも理由のひとつだが、さらに藤沢市に長年住まわれたご縁などから「山川菊栄文庫」を、ご遺族の協力を得て開設し、1990(平成2)年にはご生誕百年記念の催しも行った。

多くの参加者でにぎわったことも懐かしい思い出である。

*「金持ちよりも人持ち・友持ち」(ドメス出版/2003年刊)からの引用

唱歌集コレクション

児童図書コレクションの写真

明治14年に文部省音楽取調掛から『小学唱歌集』が刊行されてから、明治・大正・昭和初期にかけて多くの唱歌が創られました。特に明治時代は各地域で唱歌が盛んに創作されましたが、今では失われたものも少なくありません。当館ではそのような貴重な唱歌集をコレクションとして所蔵しています。

コレクションの総冊数は394冊、その内283冊が唱歌・唱歌集、その他は音楽指導書・童謡・楽譜等です。また、総数の内124冊が国内では当館のみの所蔵になります。

唱歌は『小学唱歌集』や『中学唱歌』などのように国が刊行した唱歌集の他に、民間から多数の唱歌集が刊行されました。これらの民間唱歌集も授業の副読本で使用されたようです。内容も当時の教育内容を反映して儀式唱歌、修身唱歌、地理歴史唱歌、軍歌など多岐に渡っています。

なお、唱歌集コレクションは館内のみの利用となり、館外貸出はしておりません。調査相談室(本館1階 TEL:045-263-5901)にお問い合せ下さい。

唱歌集コレクション一覧(OPAC検索)

須賀田礒太郎自筆楽譜コレクション

須賀田礒太郎自筆楽譜コレクションの写真

横浜生まれの作曲家須賀田礒太郎(すがたいそたろう 1907年11月15日-1952年7月5日)の自筆楽譜等の資料で、平成22 (2010) 年にコレクションとして創設されました。

須賀田礒太郎は明治40(1907)年、横浜市中区 (現・西区)西戸部町生まれの作曲家です。戦前、国内の数々の作曲コンクールに入選し海外でも紹介されるなど、将来を嘱望された作曲家でした。しかし昭和27(1952)年若くして他界した後は、長く埋もれた存在となっていました。その後、平成11(1999)年になって多数の自筆楽譜が発見され、その音楽が現代に蘇りました。演奏会が開催されCDも発売されるなど、再評価が進んでいます。

コレクションは礒太郎が生前に書きためていた自筆楽譜が中心で、楽譜72点(複製含む)と書簡やパンフレットなどの関連資料です。いずれも疎開先だった栃木県田沼町(現・佐野市)から死後約50年を経て発見されたもので、2010年に生誕の地ゆかりの当館へ寄贈されました。

なお、ご遺族のご厚意により複写が可能ですが、複製版からの利用とさせていただきます。ご了承ください。

*ただし、一部資料については複製版がございませんので、ご希望の際は職員にご相談ください。

野村光一文庫

野村光一文庫の写真

昭和63(1988)年に亡くなった野村光一氏(音楽評論家)旧蔵の多様な音楽関係資料で、平成元年(1989)年に創設されました。

コレクションは、主として図書資料1526点(和書772冊・洋書754冊)、雑誌381冊、音楽会プログラム1400点、LPレコード926枚で構成され、その他に新聞切り抜き・自筆原稿・放送台本などがあります。

洋書は、英・独・仏・ポーランド語等で書かれた作曲家の伝記や音楽史が中心で、18世紀・19世紀に出版されたものも含んでいます。LPレコードにはピアノ曲が多く、特にショパンの作品が多いのが特徴といえましょう。これら所蔵資料のリストは、「野村光一文庫目録」、「野村光一文庫目録増訂版」に所収されています。

なお、野村光一文庫は、図書資料の閲覧、LPレコードは館外貸出を行っています。

野村コレクション図書一覧(OPAC検索)野村コレクションレコード一覧(OPAC検索)

日野康一コレクション

日野康一コレクションの写真

日野康一氏(映画・音楽評論家)旧蔵の映画音楽を中心としたLPレコードコレクションで、昭和51(1976)年に創設されました。

所蔵点数は、LPレコードが500枚です。曲名等は、「[日野康一コレクション]レコード目録」(昭和51年5月刊行)でご確認していただくか、カウンターにお尋ね下さい。

なお日野康一コレクションは、県立図書館視聴覚資料室で、試聴・館外貸出を行っています。

日野コレクションレコード一覧(OPAC検索)

大宮真琴コレクション

大宮真琴氏(音楽評論家・指揮者)旧蔵の貴重なSPレコードのコレクションです。クラシック音楽が中心で、現在CDやLPレコードで聴くことのできない曲も含まれています。平成3(1991)年に創設されました。

所蔵点数はSPレコード830枚(30cm:718枚、25cm:112枚)です。リストは「視聴覚教育資料目録 ―SPレコード―」(1992年2月刊行)に所収されています。

なお大宮コレクションは、県立図書館視聴覚資料室で視聴を行っています。

佐藤コレクション

佐藤コレクションの写真

横浜市内在住の実業家、佐藤氏旧蔵のレコードやCDの音楽資料で、平成13年(2001)年にコレクションとして創設されました。

佐藤氏は事業の傍ら、仏教や歴史・民俗・芸術・文学等に深い造詣があり、研究のため収集した貴重な仏教資料を韓国工科大学に寄贈したり、アルト声楽家の柳兼子(柳宗悦氏の妻)のドキュメンタリー映画『兼子―Kaneko』の企画・制作に心血を注ぐなど、その活動は多方面にわたり大きな評価を得ています。

コレクションは佐藤氏が長年にわたり収集してきたもので、LPレコード約2,350点、CD約1,400点のほか関連資料約40点があります。内容はクラシック音楽ですが、おもにワーグナー作品に重点がおかれているのが特徴です。歌劇・楽劇を中心に、序曲・劇中音楽から、フランツ・リスト等によってピアノやオルガン独奏用に編曲された作品、吹奏楽による演奏、オルゴール演奏まで幅広く揃っています。

なお、広く県民の皆様に活用してもらいたいとのご意向により、LPレコードやCDは館外貸出を行っています。

雑誌創刊号コレクション

雑誌創刊号コレクションの写真

どのような刊行物でも、その時代を鋭敏に映し出しています。図書と新聞の中間に位置する雑誌でもそれは明確に現れています。特に創刊号は発行する編者や出版者たちが考え方や主張を強くうち出していますし、その時々の社会も特別な意味合いを持つ場合が少なくありません。

当館では昭和42年(1967)に「雑誌にみる明治百年展」を開催したのを契機に、それまで所蔵していた雑誌の創刊号をコレクションとして位置付けました。

古くは明治20年の「反省会雑誌 第1号」(覆刻版で収集)から大正6年の「主婦之友 第1巻第1号」(覆刻版で収集)、昭和2年の「愛国 第1巻第1号」などを初めとし、現在では入手困難で貴重な雑誌も多く含まれています。

また、このコレクションの特徴は、全体の各々約1割を占める昭和元年から10年(1925~1935)と昭和16年から25年(1941~1950)に刊行されたことにあります。この時期に刊行された雑誌は、太平洋戦争という大きな事件を軸に世相を知る上での重要なそして貴重な資料といえます。

ここに当コレクションの一覧リストを作成いたしました。前半は刊行年順、後半は誌名の五十音順になっております。皆様のご利用をお待ち申し上げます。

創刊号コレクション一覧 刊行年順 凡例(PDFファイル)
創刊号コレクション一覧 刊行年順 明治期~昭和49年(PDFファイル)
創刊号コレクション一覧 刊行年順 昭和50年~(PDFファイル)
創刊号コレクション一覧 誌名順 ア~ソ(PDFファイル)
創刊号コレクション一覧 誌名順 タ~ン(PDFファイル)

このコレクションは館内のみの利用となり、館外貸出はしておりません。かながわ資料/新聞・雑誌室(新館3階 TEL:045-263-5904)でご覧いただけます。


ACC文庫

ACC文庫の写真

太平洋戦争の後、アメリカ占領軍総司令部の民間情報教育局(Civil Information & Education Division:CIE)は、民主主義普及の手段として日本各地にいわゆるCIE図書館を作りました。

横浜CIE図書館は1948年に開設され、1952年の講和条約発効と同時に横浜アメリカ文化センター(American Cultural Center)と改称し、1967年に閉鎖されるまでアメリカの文化を伝える機関として活動していました。

その約1万冊の蔵書を引き継いだものがACC文庫です。

コレクション内容は、1950~60年代のアメリカ文化に関する英語図書が中心で、政治・経済・生活・歴史・文学等の各分野にわたっています(一部日本語図書もあります)。参考図書類や伝記資料、アメリカ文学など、当時のアメリカ文化を研究する上で貴重な資料群と言えます。

このコレクションは館内のみの利用となり、館外貸出はしておりません。ご利用については調査相談室(本館1階 TEL:045-263-5901)にお問い合せ下さい。

ACC文庫和書一覧(OPAC検索)ACC文庫洋書一覧(OPAC検索)

ブース文庫

フランク・ステレ・ブース(Frank Stelle Booth:1880.5.15-1957.1.27)氏はフェリス女学院第2代校長のユージン・S・ブース氏の長男として長崎に生まれ、2歳のときに横浜に来ました。16歳で渡米し、大学卒業後日本に戻り、日魯漁業ほか数社に関係し、日本の水産・農業・畜産等の開発に多大な貢献をされました。その間亡くなるまで鎌倉に在住し、フェリス女学院にブース記念文庫を寄贈したり、材木座幼稚園などいろいろな学校、慈善団体を後援するなどされていました。1957年には勲三等瑞宝章を授与されています。

ブース氏の死後、日魯漁業の平塚常次郎氏らのご好意によって蔵書は当館に寄託され、ブース氏にゆかりの深い神奈川県民に供されることになりました。

コレクションは英語・フランス語図書を中心とした664冊からなっており、ブース氏の専門だった農業・経済関係だけでなく、日本および中国に関する文学書や歴史書など幅広い分野にわたっています。このコレクションの目録として「Catalogue of mr. Booth's Book Collection」があります。

このコレクションは館内のみの利用となります。ご利用については調査相談室(本館1階 TEL:045-263-5901)にお問い合せ下さい。

尾崎文庫

尾崎文庫の写真

尾崎孝子氏は、明治30(1897)年3月福島県に生まれ、昭和45(1970)年4月73才で没した歌人です。歌人として『南天燭』『歴程』『女人秘抄』『はなのいのち』などを著して活躍しました。

また、歌壇ジャーナリストとしても、「歌壇新報」、短歌総合誌の「新日光」を発行し、政治家としては逗子町会議員を昭和25(1950)年から昭和29(1954)年まで務めました。

この文庫は氏の旧蔵の現代作家による歌集・短歌関係の図書・雑誌・新聞及び氏に関する資料等28000点におよぶ資料群です。なかでも、昭和20年代から30年代にかけての現代作家の歌集は、この文庫の大きな特色となっています。

このコレクションは館内のみの利用となり、館外貸出はしておりません。かながわ資料/新聞・雑誌室(新館3階 TEL:045-263-5904)でご覧いただけます。

報徳思想関係資料

報徳思想関係資料の写真

二宮尊徳は、天明7(1787)年に小田原の栢山村に生まれ、通称「二宮金次郎」といわれた江戸後期の農政家です。

徹底した実践主義で農村改良策(報徳仕法)により、小田原・烏山・下館・相馬藩などおよそ600ヶ村を復興させました。また、分度(農村の生産力に応じて分度を決める)推譲(富を譲り合う)仕法の基本思想を形成し、多くの著作を著しました。

神奈川県立図書館では、開館以来郷土資料として、二宮尊徳の著書、伝記、および報徳教に関する資料を収集してきました。また、「二宮尊徳および報徳教関係資料目録」を刊行しています。

このコレクションは館内のみの利用となり、館外貸出はしておりません。かながわ資料/新聞・雑誌室(新館3階 TEL:045-263-5904)でご覧いただけます。

飯田九一文庫

横浜市出身の日本画家の故飯田九一氏(1892~1970)は、俳人・俳画家としても活躍され、第1回(昭和27年度)横浜文化賞、第5回(昭和31年度)神奈川文化賞を受賞されました。同氏は、俳諧関係資料の収集家でもあり、その旧蔵資料は、昭和48年から寄託されていましたが、平成20(2008)年にご遺族から寄贈されました。

コレクションの内容は、図書・雑誌(2795冊)、軸物(88本)、一枚物(571枚)、短冊・色紙(2508枚)、器物(77点)、飯田九一の草稿類(331点)、その他あわせて6384点です。なかでも、芭蕉、其角、蕪村等の真跡を含む俳諧関係の短冊のコレクションは、専門家のあいだでも、質の高さを認められています。また、著名人のみならず蕉門、貞門など、あらゆる分野の俳人、画家、文化人などの短冊も網羅して収集されています。

神奈川県立図書館では、このコレクションの目録を第一集「図書・雑誌等之部」、第二部「短冊之部」として刊行しています。

このコレクションは館内のみの利用となり、館外貸出はしておりません。かながわ資料/新聞・雑誌室(新館3階 TEL:045-263-5904)でご覧いただけます。

なお、一部の資料は、神奈川デジタルアーカイブで、飯田九一文庫の百人としてデジタル画像で紹介しています。