企画展示

「よこすか近代遺産めぐり」

チラシ

展示会場の全景写真

展示の一部
クリックすると拡大します

神奈川文化プログラムのマーク

明治期、横須賀製鉄所や横須賀鎮守府の設置によって、軍都として急速に発展した横須賀。往時の様子を今に伝える文化財の多くが、文化庁認定の日本遺産に登録されています。それら県内の貴重な近代遺産について、「記念艦三笠」「東京湾要塞跡」「横須賀製鉄所」「横須賀鎮守府」の4つに分け、パネルによる解説と共に当館所蔵の資料にてご紹介します。

【展示期間】
平成31年2月15日(金曜日)から5月8日(水曜日)

※開館時間:平日 9時から19時    土日・祝日 9時から17時
※休館日:月曜日(祝日は開館)、第2木曜日(3月14日、4月11日)

【展示会場】
県立図書館 本館1階 展示コーナー

【展示予定資料】
 ・「東郷大將 ほまれの歌」(田村虎蔵作曲,大和田建樹作詞 民友社 1906年)
 ・「海軍記念日の歌」 (本居長世作曲,東郷平八郎作歌 日本海戰記念会 1928年)
 ・「横須賀鎮守府演習方記録」 (横須賀鎮守府編 1888年)
 ・「觀音岬御陣營并御炮臺繪圖」 (依田貫四郎 1854年)
 ・「横須賀港一覧繪圖」 (西村松之助編 1879年) 等

【お問い合わせ】
県立図書館 図書課
電話:045-263-5921

関連情報

国立国会図書館サーチで「横須賀&日本遺産」で検索