企画展示

「マリア・ルス号事件~明治という時代と日本人の正義感~」

チラシ
チラシ(クリックすると拡大します)


展示会場の全景写真

展示の一部

 明治初頭、まだ近代法制度も整わない中で突然起こったマリア・ルス号事件は日本が初めて直面する国際裁判に発展します。
 近代化を急ぐ中で、この事件に果敢に取り組んだ日本の若き官僚たちが示した、明治という時代の日本人の正義感や人権保護を重要視する姿を当館資料を通して紹介します。
 

【展示期間】
平成30年8月10日(金)~11月7日(水)

※開館時間:平日9:00~19:00    土・日・祝日9:00~17:00
※休館日:月曜日(祝日は開館)、9月13日(木)、10月11日(木)

【展示会場】
県立図書館本館1F 展示コーナー

【職員による展示解説】 申込不要
平成30年10月16日(火)14:00~ (15分程度)    
展示を担当した職員による展示解説を行います。展示資料についての説明や 企画の意図などを解説します。
開始時間になりましたら、本館1階 展示コーナー入口にお越しください。

【お問い合わせ】
県立図書館 調査閲覧課
電話:045-263-5902