全体地図へ戻る
展示資料
北齋と廣重2 
東海道五十三次
東海道名所図会 下巻
短歌研究 2011年11月号
川柳江戸名所図会
図説浮世絵に見る江戸の旅
江戸名所圖會 1
東海道名所記 1
横濱名所之内鉄の橋朝ざくら 
「江戸の旅東海道五拾三次展」図録
和歌名所めぐり
東海道五十三次ハンドブック
横浜歌枕集成 
新版 横浜歌人会創立30周年記念
歌枕
NHK日曜名作座 歌枕
万葉集のこころ
展示パネル(Web版) かながわ歌枕―読み継がれたイメージの系譜

四、万葉から近代へ―川崎・横浜

⑮多摩川・多摩の横山

多摩川」は相模国と武蔵国の境です。
 次の歌は、武蔵野国の防人の妻が詠んだ歌です。
多摩川にさらす手づくりさらさらに
        何そこのこのここだかなしき

    (万葉集巻十四 3373 よみびとしらず)

【意味】
多摩川にさらす手作りの布のように、さらにさらに
どうしてこの子がこれほどいとしいのだろう。
歌枕イメージ


 このあたりは特に馬と密接な関係があったようです。徒歩で行かねばならない夫を案じる歌なのですが、その夫はいまの小田急沿いを南下して、 当時相模の国府があったとされる海老名のあたりまで向かうのです。また、この横山を西から越えて多摩川を渡ると、 隣国武蔵の国府に達していました。今と変わらず、多摩川付近は国境の景色であったのかもしれません。

赤駒を山野に放し捕りかにて
        多摩の横山徒歩ゆかやらむ

      (万葉集巻二十 4417
      宇遅部黒女(うぢべのくろめ))

【意味】
赤駒を山野の中に放牧して捕えられず、夫に
多摩の横山を歩かせてしまうのだろう

問い合せ先 : 企画協力課  045-263-5918

[神奈川県立図書館]〒220-8585 横浜市西区紅葉ケ丘9-2 (代表)045-263-5900

[神奈川県立川崎図書館]〒213-0012 川崎市高津区坂戸3-2-1 KSP西棟2F (代表)044-299-7825

お問い合わせ先へのリンク