全体地図へ戻る
展示資料
かながわ景勝の旅
東海道五十三次写真紀行
かまくら歌枕
名所図会を手にして東海道
 神奈川大学評論ブックレット31
カラ竏抽剔qの魅力
地理教育鉄道唱歌1
新鉄道唱歌 第1集
都市の紋章
鎌倉
 江の島、三浦半島
「鎌倉百人一首」を歩く
短歌研究 2013年6月号
短歌研究 2011年6月号
詩集江ノ島電鉄
 鎌倉高校前の海
日本名勝図會江の島
諸國名所百景相州七里ケ濱
日本の山河 34 神奈川
かながわの景勝
かながわの景勝50選絵画集
短歌研究 2008年8月号
展示パネル(Web版) かながわ歌枕―読み継がれたイメージの系譜

三、歌と観光―江ノ島・鎌倉・横須賀

 東海道の発展により、海沿いの地は多くの旅人が訪れ、和歌を詠み、広く紹介されていました。特に鎌倉は今も昔も観光地として名高く、神社仏閣から川、山、崎とあらゆる地名が和歌と共に読み継がれてきました。

  ⑬みなのせがは
 万葉集に歌われた「みなのせがは」は、現在は稲瀬川と呼ばれているところです。歌舞伎の「白浪五人男 稲瀬川勢揃場」(河竹黙阿弥)の舞台にもなりました。それほど大きな川ではありませんが、中世の歌学書『五代集歌枕』の「川」の項にも登場します。歌のイメージと深く結びついて知られるようになった地名なのかもしれません。
 書物を紐解けば鎌倉は名所が多く、一部しかご紹介できません。今も昔も人びとに愛されている名所です。
ま愛(かな)しみさ寝(ね)に吾(わ)は行く鎌倉の
             美奈の瀬川に潮満つなむか

        (万葉集3366 よみびとしらず)

【意味】
心からいとしく思って、私は共寝に出かける。鎌倉の美奈の瀬川は、潮が満ちているだろうか。
『 カラー鎌倉の魅力 』表紙
「極楽寺」『 カラー鎌倉の魅力 』

永井路子・文 丸茂慎一・写真 淡交社 1973 291.37/44 (10592582)より 

問い合せ先 : 企画協力課  045-263-5918

[神奈川県立図書館]〒220-8585 横浜市西区紅葉ケ丘9-2 (代表)045-263-5900

[神奈川県立川崎図書館]〒210-0011 川崎市川崎区富士見2-1-4 (代表)044-233-4537

お問い合わせ先へのリンク