全体地図へ戻る
展示資料
かながわ景勝の旅
東海道五十三次写真紀行
かまくら歌枕
名所図会を手にして東海道
 神奈川大学評論ブックレット31
カラ竏抽剔qの魅力
地理教育鉄道唱歌1
新鉄道唱歌 第1集
都市の紋章
鎌倉
 江の島、三浦半島
「鎌倉百人一首」を歩く
短歌研究 2013年6月号
短歌研究 2011年6月号
詩集江ノ島電鉄
 鎌倉高校前の海
日本名勝図會江の島
諸國名所百景相州七里ケ濱
日本の山河 34 神奈川
かながわの景勝
かながわの景勝50選絵画集
短歌研究 2008年8月号
展示パネル(Web版) かながわ歌枕―読み継がれたイメージの系譜

三、歌と観光―江ノ島・鎌倉・横須賀

 東海道の発展により、海沿いの地は多くの旅人が訪れ、和歌を詠み、広く紹介されていました。特に鎌倉は今も昔も観光地として名高く、神社仏閣から川、山、崎とあらゆる地名が和歌と共に読み継がれてきました。

⑫鶴岡
 鎌倉市雪ノ下。言わずと知れた鶴岡八幡宮は、和歌の世界でも古くから読み継がれてきました。歌人としても知られる三代将軍源実朝暗殺の際に甥の公暁(くぎょう)が隠れていたとされる石段途中の大銀杏は落雷に遭うまで人々に親しまれていました。
鶴の岡あふぎて見ればみねの松
       梢(こずゑ)はるかに雪ぞつもれる

           (金槐和歌集313源実朝)
【意味】
鶴岡八幡宮を振り仰いでみると、はるか彼方の峰の、松の梢にまで雪が積もっている。これでは鶴と白雪の見分けがつきはしない。

水色の鎌倉山の秋かぜに
         銀杏ちりしく石のきざはし

    (佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』より
                    与謝野寛)


中世の紀行文『北国紀行』(法印尭恵(ぎょうえ))の歌は、「雪ノ下」を巧みに詠みこんだ惜春の歌です。

春深き跡哀れなる苔の上の花に残れる雪の下道

【意味】
春も深くなったこの証跡は趣のあることだ。苔の
上に散った花吹雪の残る雪の下の道よ。
鶴岡八幡宮写真
鶴岡八幡宮 2016.10.12 撮影

問い合せ先 : 企画協力課  045-263-5918

[神奈川県立図書館]〒220-8585 横浜市西区紅葉ケ丘9-2 (代表)045-263-5900

[神奈川県立川崎図書館]〒213-0012 川崎市高津区坂戸3-2-1 KSP西棟2F (代表)044-299-7825

お問い合わせ先へのリンク