全体地図へ戻る
展示資料
かながわ景勝の旅
東海道五十三次写真紀行
かまくら歌枕
名所図会を手にして東海道
 神奈川大学評論ブックレット31
カラ竏抽剔qの魅力
地理教育鉄道唱歌1
新鉄道唱歌 第1集
都市の紋章
鎌倉
 江の島、三浦半島
「鎌倉百人一首」を歩く
短歌研究 2013年6月号
短歌研究 2011年6月号
詩集江ノ島電鉄
 鎌倉高校前の海
日本名勝図會江の島
諸國名所百景相州七里ケ濱
日本の山河 34 神奈川
かながわの景勝
かながわの景勝50選絵画集
短歌研究 2008年8月号
展示パネル(Web版) かながわ歌枕―読み継がれたイメージの系譜

三、歌と観光―江ノ島・鎌倉・横須賀

 東海道の発展により、海沿いの地は多くの旅人が訪れ、和歌を詠み、広く紹介されていました。特に鎌倉は今も昔も観光地として名高く、神社仏閣から川、山、崎とあらゆる地名が和歌と共に読み継がれてきました。

⑩江ノ島
 江ノ島神社への信仰も和歌に詠まれます。『海道記』(前掲)には次のような一首があります。
江の島へ通ふ海原路絶えてみちくる春の汐の上の雨
            (「竹の里歌」 正岡子規)

岩戸いでて青海原(あおうなはら)をみさくれば
              我も神代の神ごこちする

     (「紫」 与謝野鉄幹(よさのてっかん))
江ノ島
江ノ島 2016.08.09 撮影
江ノ島やさして塩路に跡たるる
       神は誓の深きなるべし

          (海道記 作者未詳)

【意味】
神が特にこの海の中の江の島と決めて仮の姿で現れたのは、衆生(しゅじょう)を救おうという誓願が海のように深いからだろう。
『日本名勝図會江の島』表紙
『日本名勝図會江の島』

松木平吉 1896 K72.4/33
(50084284)より

問い合せ先 : 企画協力課  045-263-5918

[神奈川県立図書館]〒220-8585 横浜市西区紅葉ケ丘9-2 (代表)045-263-5900

[神奈川県立川崎図書館]〒210-0011 川崎市川崎区富士見2-1-4 (代表)044-233-4537

お問い合わせ先へのリンク