「社会・人文系再発見シリーズ」連続講演会 講演録

「社会・人文系再発見シリーズ」は、社会・人文系分野での現代・未来に向けての諸課題を提示し、 解決への手がかり、再発見等の機会を提供することをコンセプトに、多様な切り口からテーマに迫る連続講演会として企画しました。 その講演録を紹介します。


  • 平成28年度  開催結果

    女性活躍からその先へ―男女ともに生きやすい社会をめざして 全3回 


    ポスター ポスター

    世界的に見ると日本は未だ「女性の活躍後進国」と言わざるをえない状況です。
    そして、「男女共同参画社会」においては、女性だけでなく「男性」の多様化も認めるべきです。
    しかし、現代社会の状況は明治の頃と比べても本質的にあまり変わっていないという見方もあります。
    現在の日本社会において、女性の活躍を妨げ、人びとの生きやすさを阻むものは何なのでしょうか。
    どうすれば女性も男性も活躍し、生きやすい社会を築けるのでしょうか。



    大森美香氏 第1回  「あさが来た!ファーストペンギンの作り方」
    /平成29年2月11日(土・祝)

    大森 美香氏  (脚本家、演出家、映画監督)

    連続テレビ小説「あさが来た」の主人公あさは幕末生まれの実業家、広岡浅子さんがモデルです。 女性の自主性が抑圧されていた江戸、明治の時代になぜ彼女がいきいきと活躍することができたのか、 「あさが来た」の登場人物たちを手掛かりに探っていきたいと思います。

    ◆ 第1回講演録    HTML版



    かなテラス 第2回   「男女共同参画社会実現に向けた神奈川県の挑戦
    ~『女性活躍先進県』を目指して~」 /平成29年2月12日(日)

    丸山 尚子氏  (かながわ男女共同参画センター所長)

    「女性が、どんどん主役になる。」をキャッチフレーズに掲げる「かながわ女性の活躍応援団」の団員が、なぜ男性だけなのでしょうか? 「かなテラス」(かながわ男女共同参画センター)を推進拠点に「女性活躍先進県」をめざす神奈川県の取組みを紹介します。

    ◆ 第2回講演録    HTML版



    山田昌弘氏 第3回  「男女共同参画は、日本の希望」/平成29年2月19日(日)

    山田 昌弘氏  (中央大学文学部教授)

    日本は、国際的に見れば、男女共同参画後進国と言ってよい状況です。男女共同参画が日本社会の発展に必要になっているのにもかかわらず、なかなか進まない要因を明らかにし、将来の男女共生社会への展望を探ります。

    ◆ 第3回講演録    HTML版


    ◆◆ 関連資料リスト(全3回共通)    PDF版







  • 平成27年度  開催結果

    「持続可能な社会」としての江戸 ~今を生きるヒント 全4回 


    ポスター

    江戸人は独自の文化のなか、知恵と技で「江戸」という都市システムを築き、その一時代を生き抜いた。 それは今を生きる我々、現代の日本人の底力でもあるはずだ。
    「江戸」を再発見! をテーマに、4名の講師をお迎えした。
    自然との関係とその価値観を取り戻しながら、過去の失敗を繰り返さないために、過去を知る機会を提供し、江戸時代を通して現代と未来を考える。







    田中優子氏 第1回  「持続可能社会としての江戸」/平成28年1月17日(日)

    田中 優子氏  (法政大学総長)

    世界最大の人口を抱える江戸は、農村と循環の関係を作り上げた持続可能都市であった。また伐採禁止を軸にした山の保存、投棄を禁じた河川の保存、 そして自然と深くかかわるものづくりの方法によって、持続社会の仕組みができあがっていた。その理由と実際を学ぶ。

    ◆ 第1回講演録    HTML版
    ◆ 第1回関連資料リスト    PDF版



    陣内秀信氏 第2回  「エコシティと水の都市江戸」/平成28年1月31日(日)

    陣内 秀信氏  (法政大学デザイン工学部建築学科教授)

    江戸は、地形、地質、水資源など自然条件を巧みに活かし、人工的な改造も加えてつくられたエコシティであり、水の都市だった。堀割の巡る下町ばかりか、起伏に富む山の手も含め、流通経済、暮らし、文化のあらゆる面で水の都市独自の性格を示した。

    ◆ 第2回講演録    HTML版
    ◆ 第2回関連資料リスト    PDF版



    鈴木一義氏 第3回  「人に優しく、自然と共生した江戸時代の知恵と技」
    /平成28年2月14日(日)

    鈴木 一義氏  (国立科学博物館産業技術史資料情報センター長)

    江戸時代は、幕藩体制や鎖国政策などにより、平和な社会の中でいろいろな独自文化が育まれた。その文化の中で発展した知恵や技は、現代社会が目指す持続可能な社会の実現につながる大きな示唆に富んでいる。

    ◆ 第3回講演録    HTML版
    ◆ 第3回関連資料リスト    PDF版



    渡辺尚志氏 第4回  「災害と復興―復興を支えた共同の力―」
    /平成28年2月20日(土)

    渡辺 尚志氏  (一橋大学大学院社会学研究科教授)

    日本列島は、江戸時代にも繰り返し災害に見舞われた。その際、江戸時代人は復興に向けていかなる努力をしたのか?また、復興のあり方から見えてくる江戸時代の特質とはいかなるものか?こうした点を、火山噴火や洪水の事例から考える。

    ◆ 第4回講演録    HTML版
    ◆ 第4回関連資料リスト    PDF版






お問い合わせ

企画協力課  045-263-5918