平成27年度文字・活字文化の日記念講演

講演:「1冊の本を1人の読者に届けたい ― ひとり出版社 夏葉社の試み―」

  ひとり出版社をご存知でしょうか? 本の企画・編集から営業・販売まですべてを、文字通り一人でこなす小規模な出版社です。埋もれた名著や入手困難になって久しい絶版本の復活など、ミリオンセラーにはなりませんが、小さなヒットを生み出して、本好きの間で注目を集めています。 夏葉社は2009年、島田潤一郎氏によって創立された吉祥寺のひとり出版社です。「何度も、読み返される本を」をスローガンに、丁寧な本作りで話題を呼んでいます。47都道府県の町の本屋さんを取材した『本屋図鑑』の刊行や、「町には本屋さんが必要です」会議の活動記録を『本屋会議』に纏めるなど、出版業界で幅広くご活躍の島田氏に本への想いを伺います。

チラシによるご案内はこちら(PDF 330KB)

講師

島田  潤一郎氏(夏葉社代表)

  1976年高知県室戸生まれ。小説家を目指しながら長くフリーター生活などを送ったのち、2009年、吉祥寺に一人出版社、株式会社夏葉社を創業。著書に、夏葉社の5年間の歩みを描いた「あしたから出版社」(晶文社2014年)あり。

開催日時

10月25日(日)14:00~16:00

場所

神奈川県立図書館 新館4階セミナールーム

定員

90名 受講無料 ※応募者多数の場合は抽選となります。

申し込み期間

9月1日(火)~10月14日(水)

申し込み方法

終了しました。


問い合わせ先

図書課まで
〒220-8585 横浜市西区紅葉ケ丘9-2
電話:045-263-5921、FAX:045-241-0985

関連情報

かながわ読書のススメ

神奈川近代文学館(神奈川文学振興会)

神奈川県図書館協会

関連文献

国立国会図書館サーチで「出版」に関する図書を検索

国立国会図書館サーチで「島田潤一郎」を検索

関連図書

Webcat Plusで「島田潤一郎」を検索

島田潤一郎氏の著作等で蔵書検索