神奈川県立図書館のICタグ貼付作業について

概要

神奈川県立図書館では、2022年以降、ICタグシステムを用いた貸出・蔵書管理システムの導入を計画しています。

ICタグとは、ICチップの埋め込まれたタグ(シール)のことを指します。
このICタグを図書館資料に貼付し、それぞれの資料情報をICタグに記録することで図書館資料の管理等を行う仕組みをICタグシステムといいます。
このシステムにより、自動貸出機を用いたスムーズな貸出処理ができるようになります。また、このシステムに付随する無断持ち出し防止機能により、カバンのお持ち込みが可能になります。

このシステムを導入・活用するための事前準備として、館内で、所蔵資料へのICタグ貼付作業を行います。

作業期間中は作業員が公開書架で作業することもあり、利用者のみなさまにご迷惑をおかけいたしますが、ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

お探しの資料が見つからない場合は、図書館職員にお声がけください。
また、ご不明な点は問合せ先へお問い合わせください。

時期

2020年7月1日~2022年3月

問合せ先

図書課
〒220-8585 横浜市西区紅葉ケ丘9-2
電話:045-263-5921、FAX:045-241-0985