新聞・雑誌ミニ展示 雑誌創刊号コレクション

『コンピュータ雑誌』

  どのような刊行物でも、その時代を鋭敏に映し出しています。図書と新聞の中間に位置する雑誌でもそれは明確に現れています。 特に創刊号は発行する編者や出版者たちが考え方や主張を強くうち出していますし、その時々の社会も特別な意味合いを持つ場合が少なくありません。 普段は書庫にしまわれている、当館の雑誌の創刊号コレクションをご紹介するため、3階かながわ資料/新聞・雑誌室前に展示いたしました。

  「コンピュータ」とは何でしょう?
ネットで調べてみると概ね「計算機、特に電子計算機を指す」、「自動計算機、特に計算開始後は人手を介さずに計算終了まで動作する電子汎用計算機」と書かれてます。
コンピュータの起源は紀元前150-100年頃の「アンティキテラ島の機械(天文学用歯車式計算機)」ですが、実際に計算機として現存するのは17世紀の「パスカリーヌ(歯車式計算機)」(パスカル)です。 20世紀にはいると一気に開発が進み、コンピュータは研究者や技術者だけでなく誰でもが利用する身近なものになりました。
現在のコンピュータは「文章やグラフを入れた資料を作ったり、メールを送ったり、webで情報を調べたり、映像をみたり… 何でも出来る魔法の道具」といったところでしょうか?
また、あらゆる家電が既にコンピュータ制御されており、炊飯器がご飯とおかゆを炊き分けたり、洗濯機が自動で水量調節したり、ビデオ録画や再生をしたり… 日常に溶け込んでいます。 家電やゲーム機まで含めるとあまりに広範囲に渡ってしまうので、今回はいわゆる「パソコン(パーソナルコンピュータ)」に絞り、 「読者を想定した雑誌」「OSを指定した雑誌」「接続方法を指定した雑誌」の3テーマで展示いたします。

(雑誌創刊号コレクションの展示は、順次テーマを決めて入れ替える予定です)

展示コーナーの様子1

展示コーナーの様子(クリックすると大きな画像が表示されます)         

展示コーナーの様子2

展示コーナーの様子(クリックすると大きな画像が表示されます)

展示コーナーの様子3

展示コーナーの様子(クリックすると大きな画像が表示されます)

展示コーナーの様子4

展示コーナーの様子(クリックすると大きな画像が表示されます)

展示期間

平成29年8月11日(金)~平成29年11月8日(水)

※休館日:月曜日と毎月第2木曜日(祝日除く)
◎ 9月18日(月)、10月9日(月)は、祝日のため17時まで開館します。 

会場

県立図書館新館3階 エレベーターホール

お問い合わせ

県立図書館 地域情報課まで
電話:045-263-5904
FAX:045-241-0985

展示一覧