新聞・雑誌ミニ展示 雑誌創刊号コレクション

『絵本雑誌』

どのような刊行物でも、その時代を鋭敏に映し出しています。図書と新聞の中間に位置する雑誌でもそれは明確に現れています。特に創刊号は発行する編者や出版者たちが考え方や主張を強くうち出していますし、その時々の社会も特別な意味合いを持つ場合が少なくありません。
普段は書庫にしまわれている、当館の雑誌の創刊号コレクションをご紹介するため、3階かながわ資料/新聞・雑誌室前に展示いたしました。

今回は、創刊号コレクションの中から絵本雑誌を取り上げ、気づいたことをお知らせしてみます。
まず、雑誌の雰囲気を比べてみると、『子供の廣場』の重々しい感じから『ベビーの国』『マミイ』では楽しく優しい教育的な様子に変わります。そして、『ベビーの国』『マミイ』以降の雑誌は、感傷的で繊細な雰囲気になっています。また全体として、読者の対象が子供から大人へ、出版の目的が教育から自己表現に変わっています。
これらコレクションの中で『絵本とおはなし』は異彩を放っています。ほかの雑誌は誰かを教育することや鑑賞してもらうことを目指していて、雑誌から誰かに働きかけることを目的としています。しかし、『絵本とおはなし』は読者自身に何かを作り出してもらったり、催してもらったりすることを目指しており、読者自身から誰かに働きかけてもらうことを目的としています。
さて、今回ご紹介した雑誌はどれもきれいでお手に取っていただきやすいものばかりです。ぜひお気軽に職員にお声をかけて、実際に触れてみてください。読んでみなければわからない発見があるはずです。

(雑誌創刊号コレクションの展示は、順次テーマを決めて入れ替える予定です)

※画像をクリックすると拡大します

特集コーナーの様子

特集コーナーの様子

特集コーナーの様子

開設場所

県立図書館新館3F エレベーターホール
※休館日:毎週月曜日(祝日は17時まで開館します),第2木曜日,年末年始

お問い合わせ

県立図書館 地域情報課まで
電話:045-263-5904
FAX:045-241-0985

展示一覧