寺垣武オーディオの魅力    -レコード鑑賞&オーディオ解説-

写真:寺垣プレーヤーΣ3000、寺垣スピーカー、TANNOY Canterbury 15  寺垣武さん(下記に紹介)が開発した「究極のアナログプレーヤ-」と「物質波(波動)スピーカー」が、このほど神奈川県立図書館に寄贈されました。
  そのお披露目会として、レコード鑑賞とオーディオ解説を行います。同じく当館が所蔵するタンノイスピーカーとの聴き比べも交えながら、寺垣オーディオが奏でる「音」の魅力をお伝えします。


写真上:寺垣プレーヤーΣ3000
写真下:右側が寺垣スピーカー、
左側はTANNOY Canterbury 15

寺垣武さんについて

写真:寺垣武氏

  寺垣武(1924-2017)さんは、戦前からユニークな技術者として知られ、数多くの企業に嘱託、技術顧問として就任し、様々な産業機械を開発されてきた方です。1961年に寺垣武研究所を設立し、「すしロボット」を開発した1979年頃からは、オーディオ機器に関心を向けられました。その後、原音の再生に極限まで近づけた「究極のアナログプレーヤー」Σシリーズや、自然音、楽器が生み出す音の性質から着想を得た「物質波(波動)スピーカー」を開発し、高い評価を受けています。
  著書に「知恵:知識だけではだめになる(実業之日本社)*」「とことん考える癖をつけなさい:84歳・現役発明家のアナログ発想術(角川マガジンズ)*」「アナログ発想法(ソシム)」、他に「アナログを蘇らせた男 森谷正規著(講談社)*」などがあります。 *は、県立川崎図書館で所蔵

鑑賞予定曲&オーディオ解説

チャイコフスキー「ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品35」

ダヴィド・オイストラフ演奏  ユージン・オーマンディ指揮  COLUMBIA/1965

「SOMETHIN' ELSE」からAUTUMN LEAVES(枯葉)

マイルス・デイビス他  BLUE NOTE RECORDS/1958

ほかにも、多数の曲をご用意しております。

オーディオ解説は、旧寺垣研究所のサポートメンバーであった宇根内司さんが行います。


開催日時

平成31年1月25日(金曜日)  午後2時から午後4時まで

定員

60名

申し込み期間

平成30年12月12日(水)~平成31年1月14日(月)必着 

申し込み方法

終了しました。

問い合わせ先

調査閲覧課
〒220-8585 横浜市西区紅葉ケ丘9-2
電話:045-263-5901

関連情報

神奈川文化プログラムロゴ

関連図書

「寺垣武」で所蔵検索

国立国会図書館サーチで「寺垣武」を検索

国立情報学研究所(NII)「CiNii books」で「寺垣武」を検索