平成29年度 神奈川県立図書館 ビジネス支援講座
(共催:公益社団法人けいしん神奈川)

講座名「ゆるりと起業-住み開き・既存店活用の事例に学ぶ-」

チラシによるご案内はこちら

起業の一歩を踏み出した人の中には、週1回だけの事業や、自宅の一部を開放する等、無理なく事業をスタートさせた方もいらっしゃいます。 働き方を考えてみたい方、地域貢献にご興味のある方等、多くの皆様のご参加をお待ちしております。

講座内容

事例報告①「「住み開きカフェ」の開業」

講師:五味真紀氏(住み開きcaféハートフル・ポート代表)

講師略歴

介護していた義母を看取った後、1階の空き室をリフォームしてカフェを開業。昨年始めた多世代が一緒にご飯を食べる『みなと食堂』に加え、今年は認知症カフェ『みなとの茶店』を地域の人主体でスタート予定。

事例報告②「既存店の定休日を活用した週1回の「ごはん屋」の開業」

講師:中川陽子氏(「すきま食堂 ごはん屋MOGU」代表)

講師略歴

難病罹患の経験から、食の大切さを感じる中で地域の中・高校生の孤食や不規則な食事に問題意識を持つ。子どもの学童のママ友メンバーで、既存店の定休日を利用し、週1回の「ごはん屋」を開始。

質疑応答・意見交換 ~地域資源を活用した事業興しを考える~

コーディネーター:為崎緑氏(中小企業診断士、公益社団法人けいしん神奈川会員)

「共に考え、共に動く」を信条に、経営コンサルタントとして商業分野やソーシャルビジネス分野における創業支援、創業後の市場開拓・顧客開拓等のアドバイス、商店街・地域活性化支援などに携わっている。また、神奈川県の「かながわボランタリー活動推進基金21」の幹事や、専修大学KSソーシャルビジネスアカデミーの教員なども務めている。

 

開催日時

平成29年9月30日(土)14:00~16:00(受付13:30~)

会場

神奈川県立図書館 新館4階セミナールーム  

定員

40名(応募多数の場合は抽選)

参加費

無料

募集期間

平成29年8月16日(水)から9月13日(水)必着

募集は終了しました。


※申し込み受付後に、お申し込みいただいた方法で、受講のご案内をお送りします。

問い合わせ先

調査相談カウンターまで
〒220-8585 横浜市西区紅葉ケ丘9-2
電話:045-263-5901、FAX:045-241-0985

関連情報

公益社団法人けいしん神奈川