世界遺産登録記念講演会

図書館建築の歴史と未来を語り合う
~ ル・コルビュジエ ・ 前川國男 ・ 鬼頭梓 ・ 武蔵野プレイス ・ そして ~ biwa


 チラシによるご案内はこちら

biwa 当館の設計者前川國男の師事したル・コルビュジエの建築作品が世界遺産に登録されたことを記念して、戦後モダニズム建築の祖である前川國男の名建築のひとつ「神奈川県立図書館」を、図書館建築の歴史と共に語る講演会と建築見学会を開催します。
前川建築を知り尽くした松隈教授と、「武蔵野プレイス」設計者の川原田、比嘉両氏が語り合います。
その後希望者と、図書館を中心に音楽堂(外観)・青少年センター3館の建物見学を行います。

*会場の関連パネル・資料展示もご覧ください。
*会場では11時から12時に、建築関連映像を上映します。(申込不要・入場自由)


講師

松隈 洋氏(DOCOMOMOJapan代表/京都工芸繊維大学教授)
biwa
1957年兵庫県生まれ。1980年京都大学工学部建築学科卒業、前川國男建築設計事務所に入所。 2000年4月京都工芸繊維大学助教授。2008年10月より教授。博士(工学)。専門は近代建築史、建築設計論。2013年よりDOCOMOMO Japan代表。著書に『残すべき建築』、『近代建築を記憶する』など。 展覧会キュレーターとして多くの建築展の企画に携わる。文化庁国立近現代建築資料館運営委員。

川原田 康子 氏(kwhgアーキテクツ代表)
biwa
1964年山口県に生まれ、広島・横浜・大分・東京と移り住む。1987年早稲田大学理工学部建築学科卒業。 1987年から、長谷川逸子・建築計画工房(株)勤務、数々の公共建築に主任として携わる。 1999年カワハラダヤスコ+KwhDアーキテクツ 一級建築士事務所設立。2004年kwhgアーキテクツ 一級建築士事務所に改組。2005年(有)kwhgアーキテクツに改組。 武蔵野プレイスで2016年第68回日本建築学会賞作品賞を受賞。最新の作品は岐阜県の岐南町(ぎなんちょう)庁舎、2015年竣工。

比嘉 武彦 氏(kwhgアーキテクツ代表)
biwa
1961年沖縄県生まれ。1986年京都大学工学部建築学科卒業。1986年から、長谷川逸子・建築計画工房(株)勤務、数々の公共建築に主任として携わる。2001年比嘉武彦建築研究所設立。2004年kwhgアーキテクツ 一級建築士事務所に改組。 2005年(有)kwhgアーキテクツに改組。武蔵野プレイスで2016年第68回日本建築学会賞作品賞を受賞。 最新の作品は岐阜県の岐南町(ぎなんちょう)庁舎、2015年竣工。

開催日

2016年11月20日(日)

時間

講   演 : 13 : 00 ? 15 : 10
見学会 : 15 : 25 ? 16 : 30

会場

神奈川県立図書館 新館4階セミナールーム

定員

80名(応募者多数の場合は抽選)

申込み期間

10月11日(火)~11月8日(火)必着

申込み方法

終了しました。


問い合せ先

企画協力課  045-263-5918