神奈川県立図書館本館写真集

図書館遠景の写真2012年3月撮影

神奈川県立図書館本館は、県立音楽堂と一体の建築物として前川國男氏によって設計されました。日本の近代建築の一例として建築写真の撮影希望を寄せられますが、図書館の開館時間中は図書館を利用中の方の写り込みの問題もあり、ご要望に十分にお応えできておりません。そこで、休館中に撮影した図書館の写真をここに公開することにいたしました。著作権についてにあるとおり、非営利であればどなたでもご利用いただけますので、ご利用・ご活用下さい。(転載元は明記してください)
※画像をクリックすると拡大します(マップ除く)

図書館外観写真

図書館外観マップ
図書館外観マップの画像

1.共同駐車場側から見た本館

共同駐車場側から見た本館写真2010年6月撮影

本館東側にある、青少年センター・音楽堂・図書館共用の駐車場から見た図書館本館です。県立音楽堂と一体になった建築になっています。
裏手には掃部山公園(かもんやまこうえん)と横浜能楽堂があります。

2.本館正面入り口

本館正面入り口の写真 2010年6月撮影

本館正面入り口です。右側のカーテンがかかっているところは、図書館からつながった音楽堂の食堂で行き来できるようになっていましたが、現在は食堂もなく、つながっておりません。デザインの特徴である穴あきブリックの桝目が音楽堂にも続いています。

3.本館正面入り口その2

本館正面入り口の写真その2 2010年6月撮影

音楽堂入口方向から見た正面入り口です。特徴的なデザインであるコンクリートの柱と、桝目模様が見えます。

4.本館正面入り口その3

本館正面入り口の写真その3 2010年6月撮影

正面入り口を大きく撮影しました。中央すこし左にあるのは夜間および休館中の図書返却用ポストです。

5.図書館外看板

図書館外看板の写真 2010年6月撮影

西側の角、青少年センターに近い駐車場側にある外看板です。その後ろの建物本体の角にも“神奈川県立図書館”と書いてあるのですが、神奈川県立……までしか見えませんね。

6.本館南側職員通用口

本館南側職員通用口の写真その1 本館南側職員通用口の写真その2 本館南側職員通用口の写真その3
左と中は2010年6月撮影、右は2010年8月撮影

現在は職員通用口となっている南側(青少年センター側)の入口です。
ここも桝目模様でおおわれていますね。
(2011年の改修工事の際に、穴あきブリックを全て更新できませんでしたが、将来オリジナル化に復旧対応可能な方策となっています。現在は通用口左側の桝目模様は外されています。)

本館南側職員通用口の写真その1の改修工事後
2014年4月撮影

改修工事後の状態です。

7.本館南側

本館南側の写真その1  本館南側の写真その2  本館南側の写真その3
2010年6月撮影(3点とも)

本館南側職員通用口から少し引いた位置から撮影しました。

本館南側職員通用口の写真その1の改修工事後  本館南側職員通用口の写真その2の改修工事後
2014年4月撮影(2点とも)

同じく、改修工事後の状態です。職員通用口左側の桝目模様がなくなっているのがわかります。

8.北側の裏庭から見た図書館本館

北側の裏庭から見た図書館本館の写真
2010年6月撮影

裏庭から見るとこんな風になっています。新緑の季節に撮影したので、緑がきれいですね。 デザインの特徴であるルーバー(板状の柱のような構造物)が見えます。

9.ルーバーの写真

ルーバーの写真その1 ルーバーの写真その2 ルーバーの写真その3
は2010年8月撮影(3点とも)

このように立っています。板の部分は平らでなく、少し“くの字”に折れているのがわかりますか? ルーバーの説明はこちらもどうぞ。

図書館屋内写真

ここからは建物の内部の写真になります。

図書館マップ

図書館本館1階マップ図書館本館2階マップ

10.調査相談室入口

調査相談室入口の写真
2010年6月撮影

正面入り口を左に入ると調査相談室があります。このアングル、見覚えのある方はいませんか? 実は2002年に公開された映画、ゴジラシリーズ第26作目『ゴジラ×メカゴジラ』(東宝 2002年 監督:手塚昌明 主演:釈由美子)に登場するんですよ! 機会がありましたら探してください。(この部屋の他にもう1か所、登場する場所がありますよ)

11.調査相談室:駐車場側の窓

相談室:駐車場側の窓の写真その1  相談室:駐車場側の窓の写真その2
2010年6月撮影(2点とも)

外から見えた桝目模様は、中から見るとこうなります。屋外の明るさをある程度取り入れつつ、直射日光を入りにくくしたデザインです。

11-2.桝目模様の拡大写真

桝目模様の拡大写真その1  桝目模様の拡大写真その2
2013年1月撮影(2点とも)

桝目模様を拡大してみました。場所は2階駐車場側の窓です。
桝目模様は枠型ホローブリックと呼ばれる、せっ器質の焼き物で中空形状を作製し、構成されています。 1枚目は外側からから、2枚目は内側から撮影しました。

12.調査相談室南東側の窓

相談室南東側の窓の写真その1  相談室南東側の窓の写真その2  相談室南東側の窓の写真その3  相談室南東側の窓の写真その4
2010年6月撮影(4点とも)

調査相談室南東側、青少年センター側の窓です。

13.コンクリート製の円柱

コンクリート製の円柱の写真
2010年6月撮影

図書館本館内外に(そして音楽堂にも)数多く配置されている、コンクリート製の円柱です。わざと木枠の模様が残るように作られていますので、よく見ると木目が見えます。
また、この写真では空調の送風口が天井の段差になっているのがわかります。

14.記念プレート

記念プレートの写真
2010年6月撮影

横浜市の、昭和30年の表彰建築物に選ばれています。正面玄関から貸出カウンター方向に行く途中にあります。

15.正面玄関から2階へ上る階段

2階へ上る階段の写真その1  2階へ上る階段の写真その2  2階へ上る階段の写真その3  2階へ上る階段の写真その4
左1点と右2点は2010年6月撮影、左中1点は2010年8月撮影

この階段の形状も前川國男氏デザインの特徴です。

15-2.階段の手すりと壁

階段の手すりと壁の写真  黒タイルの写真
2013年1月撮影(2点とも)

壁と手すりの支柱は緑に塗られ、壁の床に接する部分は黒タイルを配しています。黒タイルは掃除などの際にモップなどが触れて壁が汚れることを防ぐために付けられたとのことです。

16.芸術室

芸術室の写真その1  芸術室の写真その2
2010年6月撮影

階段を上がった正面は、現在は芸術関係・語学関係の本が置かれています。裏庭から見たルーバーを内側から見るとこのような感じになります。

17.2階吹き抜けのある部屋

2階吹き抜けのある部屋の写真その1  2階吹き抜けのある部屋の写真その2  2階吹き抜けのある部屋の写真その3  2階吹き抜けのある部屋の写真その4  2階吹き抜けのある部屋の写真その5  2階吹き抜けのある部屋の写真その6
左1点のみ2010年8月撮影、残り5点は全て2010年6月撮影

階段を上って左に曲がると、吹き抜けのある大きな部屋に出ます。大きな吹き抜けと大きなガラス窓が開放感を感じさせます。
さて、このガラス窓の外は裏庭で、ルーバー(板状の柱のような構造物)があります。実はこれは日よけになっています。このガラス窓は北西向きなので西日が差すのですが、ルーバーによって館内に西日が差しこむのを防ぐ構造になっているのです。
このため、西日を防ぎつつ、外の明るい風景を楽しむことができるようになっています。裏庭の外は掃部山公園(かもんやまこうえん)を望む設計になっていて、現在では横浜能楽堂の建物をあわせて見ることもできます。
また、この吹き抜けの窓側には当初、階段があって1階に降りられるようになっていました。当時は1階は書架がなく、閲覧机が並んでいるスペースになっていましたが、現在は階段は撤去され、増える蔵書に合わせて書架を追加し、窓際に閲覧机が配置されています。
当時の様子は映画『赤いハンカチ』(日活 1964年 監督:舛田利雄 主演:石原裕次郎)で見ることができます。

18.書庫(特記がない写真は、全て2016年11月撮影)

本館は、閲覧室が2階までとなっているのに対し、書庫は4層まで作られていて、それにもかかわらず本館より1階分高いだけになっています。これは、階層が異なり、収蔵量を増やすために天井を低くした4層構造となっているためです。

建設当時の風景 

(出典)『神奈川県立図書館・音楽堂30年のあゆみ』(神奈川県立図書館・文化資料館・音楽堂 1984)
開館当初、書庫は2層までしかありませんでした。

書庫増築時の風景 

(出典)『神奈川県立図書館・音楽堂30年のあゆみ』(神奈川県立図書館・文化資料館・音楽堂 1984)

本館屋上の様子 

本館屋上の様子(新館屋上より撮影)。左手奥が音楽堂。どちらにも太陽光発電パネルが設置されています。

みなとみらい地区展望 

本館(手前)と音楽堂(左)の向こう、みなとみらい地区が見えます。

書架の柱は1層と2層が通し柱となっています。通し柱は、資料の重みが加わることで更に強度が増すよう設計されています。図書館の中央部分に強い柱(書庫)があることで、大きなガラス張りの吹き抜けを支える事ができます。

本館2層書庫 

書庫中央に設置された階段は、基本色の黄色に塗られています。(本館2層)

書庫中央の階段(本館4層から3層を望む) 

書庫中央の階段(本館4層から3層を望む)

書庫の1層と2層は書架が通しで設置してあることが、隙間から見える書架の本でよくわかります。

2層から見える、1層の書架の本(ピントが合っている部分) 

2層から見える、1層の書架の本(ピントが合っている部分)

1層から見える、2層の書架の本(ピントが合っている部分) 

1層から見える、2層の書架の本(ピントが合っている部分)

2層の照明を消すと、1層からの光が漏れて見える様子1。  2層の照明を消すと、1層からの光が漏れて見える様子2。 

2層の照明を消すと、1層からの光が漏れて見えます。

エレベーター横の上に見える黒い扉は2階閲覧室に繋がる通路に面しています。 

エレベーター横の上に見える黒い扉は2階閲覧室に繋がる通路に面しています。床の高さのズレがよくわかります。

2階から見える、書庫2層と3層の間(エレベーター横とは別の、事務スペースにつながる扉) 

2階から見える、書庫2層と3層の間(エレベーター横とは別の、事務スペースにつながる扉)

19.配色

窓際の鉄骨  鉄のドア  外観の白タイル  階段の手すりと壁の写真(前出)
全て2013年1月撮影

1枚目は一階閲覧室の裏庭側の窓にあるむき出しの鉄骨(H鋼)です。窓枠と同じ黒に塗られていますが、内側だけ黄色に塗られています。2枚目の鉄のドア(貸出カウンター)などと同じく、鉄製の部分は基本は黒に統一されています。3枚目は正面入り口の階段と外壁の拡大写真です。白タイルが配置されていますが、館内の壁の黒タイル(前出)と対になる配色です。4枚目の写真は前出の階段のものですが、手すりの支柱と壁に異なった色調の緑色が配されています。
この、緑・黒・黄色の三色がもともとの基本色というデザインだったとのことです。(黄色は現在では図書館内ではあまり見られませんが、音楽堂の入り口は黄色に塗られていますね)

参考文献一覧

建築物としての神奈川県立図書館について、もっと詳しく知りたい方は、以下の資料をご覧ください。 凡例 「記事タイトル」掲載ページ『資料タイトル・巻号』出版者 発行等の年 所在 請求記号 <資料番号>

『神奈川県立図書館建築関係資料』

神奈川県立図書館 1953年 かながわ資料室 K092/12<12813432> 神奈川県立図書館の建築について、建築雑誌等の当館掲載号だけを合本製本した資料です。以下の雑誌記事が含まれています。

「神奈川県立図書館」写真及び図面です。 p.27-30 「神奈川県立図書館について」当館の建築について図書館員の戸山雅子氏による記事です。p.55-58 『ALD第1巻1号』1955年1月

「指名競技設計選定案 前川國男設計事務所 神奈川縣立図書館及び音樂ホール」図面と立体模型の写真および解説文。ただし、指名競技設計で採用になった案なので、実際に建設されたものは、これに修正がくわえられています。 p.14-19 「新建築詳細圖譜」細かい部分の設計図の一部です。DETAILp.232-233『新建築 第28巻3号』1953年3月

「神奈川県立図書館及び音楽堂ホール」写真と図面と解説。 p.70-86 「民衆のための公共図書館のあり方」図書館のあり方という論点を中心に、当館の建築についても書かれています。「近代工法の確立こそ明日の創造を約束する」工法の観点からの記事です。 「蓄積された技術の成果を検討する」増沢洵、みねぎし・やすお、篠原一男による対談記事です。「新建築詳細圖譜」細かい部分の設計図の一部です。 DETAILp.431-435『新建築 第30巻1号』1955年1月 県立川崎図書館に雑誌として所蔵しています。Z520/S<資料番号なし>

「神奈川縣立圖書館音樂堂」写真及び図面です。p.6-11 「神奈川縣立圖書館音楽堂に就いて」当館の建築についての概略です。 p.28-29 『近代建築 第9巻1号』1955年1月

「表紙」「神奈川県立図書館・音楽堂」写真及び図面と解説です。p.1-16『建築文化 第10巻第1号』1955年1月 県立川崎図書館に雑誌として所蔵しています。Z525/K<資料番号なし>

『神奈川県立図書館・音楽堂概要パンフレット集』

『利用案内』『神奈川県立図書館・音楽堂10年の歩み』など、計8点) かながわ資料室 K091/7/4<12817094>

『神奈川県立図書館・音楽堂』

『神奈川県立図書館・音楽堂落成開館記念行事』(30cm、1冊、1954年刊)、『神奈川県立図書館音楽堂利用手引』(4枚、うち1枚は1964年のもの)かながわ資料室 K091/7/5<12817391>

『縣立図書館並音楽堂建設工事設計書』

神奈川県 かながわ資料室 K092/14<12813465>設計“図”ではありません。

『神奈川県立図書館誕生記』

熊原政男 1954年 かながわ資料室 K091 24<12813317>当時の写真および新聞雑誌記事、落成記念行事関係パンフレット等のスクラップブックです。残念ながら、写真の一部が欠落しています。

著作権について

お問い合わせ

県立図書館 地域情報課まで
電話:045-263-5904
FAX:045-241-0985
メールはこちらのメールフォームからお願いします。