『地球家族 世界30か国のふつうの暮らし』 マテリアルワールド・プロジェクト著 

『地球家族 世界30か国のふつうの暮らし』 マテリアルワールド・プロジェクト著 TOTO出版 1994年 資料番号:21727565 請求記号:361.63/70   OPAC(所蔵検索)

 いきなり個人的なことで恐縮ですが、日々増え続ける荷物に頭を悩ませています。この荷物、全部家の外に出して整理し直せたらいいのになぁと思いますが、そんなことが叶うはずもなく・・・それを実際にやってしまったのが、今回ご紹介する本です。
 本書は、様々な国の家族の姿をとらえた写真集です。世界30か国で、平均的家庭とされる家族を選び、家の外に彼らの所有物を全部並べてもらい、一家の集合写真を撮るというコンセプトが面白いです。前半は家族の集合写真と日常生活のスナップ写真が、家族構成や所有物リスト、カメラマンの滞在レポートとともに収められ、後半は各国の統計データや家族のプロフィールなどがまとめられています。写真は補足されている情報とともに眺めることでよりじっくり観察することができます。屋外の集合写真は、その土地の景色や社会情勢を鮮明に伝えています。
 表紙を飾るマリの家族は 続きを読む・・・

県民公開講座「夏休みかながわ子どもワクワク体験 16ミリフィルムで楽しむ子ども映画会」を開催しました

 7月29日に「夏休みかながわ子どもワクワク体験 16ミリフィルムで楽しむ子ども映画会」を開催し、「花さき山」、「吉四六どん」、「稲むらの火」を上映しました。

 「花さき山」は、新しい着物をねだる妹のために自分の着物を我慢した貧しい農家の娘が、山中で道に迷って美しい花の咲き乱れる場所で山姥に出会い、花の咲く訳を山姥から教わるという物語です。原作は、滝平二郎が挿絵を手がけた絵本で知られる児童文学作家・斎藤隆介で、今年、生誕100年を迎えました。

 「吉四六どん」は、大分に伝わる民話「吉四六話」が元となっており、『日本の民話 11』に原作が収められています。モデルは江戸時代に豊後国の野津市(現大分県臼杵市野津町大字野津市)に実在した 続きを読む・・・

『旅する前の「世界遺産」』 佐滝剛弘著

『旅する前の「世界遺産」』 佐滝剛弘著 文藝春秋 2006年 資料番号:21955406 請求記号:709/206  OPAC(所蔵検索)

 姫路城・原爆ドーム・富士山。これらの共通点は・・・皆さんご存知の通り「世界遺産」です。世界遺産は現在1073件(2017年7月時点)。うち国内は21件。今や世界遺産登録となると多くの人々が訪れ、地域振興に一役買っているようです。マスメディアに踊らされていると感じつつも、興味がわいてしまうのは私も同じです。しかし、そもそも世界遺産とは何か?その疑問に答えてくれるのが本書です。
続きを読む・・・