青少年センターで「16ミリフィルムでアニメを見よう!」を開催しました。

 1月26日(日曜日)、図書館のお隣の青少年センターで開催された子どもフェスティバルに参加し、「16ミリフィルムでアニメを見よう!」を開催しました。

 当日はあいにくの雨でしたが、会場の青少年センターでは工作ワークショップや昔遊び体験、ステージ発表など様々なイベントが行われて大賑わい!温かいうどんやポップコーンのお店の美味しそうな匂いも漂い、かわいいバルーンで飾られたロビーはすっかりお祭り気分です。
 県立図書館は、16ミリフィルムの映写機と、皆さんにご紹介したい本を持ち込み、アニメの上映会を開催しました。皆さんは16ミリフィルムで映像をご覧になったことはあるでしょうか。映写機のフィルムが回る様子を近くに感じながら観る優しい風合いの画面は、最新機器で観る鮮明な映像とはまた違ったレトロな味わいがあります。このイベントの他にも、年に数回、アニメや映画の16ミリフィルム上映会を県立図書館内で開催していますので、ぜひご参加ください。
 今回上映したのは『アンパンマンまじょのくにへ』と『ムーミン 氷の国をぬけだせ』です。『アンパンマンまじょのくにへ』では、悪い魔女に捕まってしまった虎を助けるアンパンマンの活躍、『ムーミン 氷の国をぬけだせ』では、なんでも凍らせてしまう氷の女王の城からのムーミンたちの脱出劇、どちらもハラハラドキドキの展開を楽しんでいただけたのではと思います。会場の子ども達もアンパンマンを応援したり、お茶目なムーミンたちに笑ったりしながら楽しんでくれていました。

 会場にご用意した本はアンパンマンやムーミンの絵本。こちらは数が多くすべては展示することができませんでしたが、図書館のカウンターでお申し付けいただければ書庫から出してご覧いただけます。試しに蔵書検索で「アンパンマン」や「ムーミン」と検索してみてください。子どものころに読んだ懐かしい本がみつかるかもしれません。

 今後も子どもたちに喜んでもらえるようなイベントを企画していきたいと思います。県立図書館をどうぞよろしくお願いします。

(県立図書館 ノンノンと呼ぶかフローレンと呼ぶか)