「法律情報データベース検索講習会「D1-Law.com法情報総合データベース」」を開催しました。

 平成31年1月20日(日)、県立図書館で「法律情報データベース検索講習会「D1-Law.com法情報総合データベース」」を開催しました。講師には当データベースを提供している第一法規株式会社の澤靖彦氏をお招きし、データベースの利用方法についてご講演をいただきました。
「D1-Law.com法情報総合データベース」はその名の通り、法令、判例やそれに関する文献情報など、法律情報を総合的に調べるためのデータベースです。主な機能として、『現行法規総覧』を基に構築された法令検索のための「現行法規」、約29万件の判例を体系的に分類した「判例体系」、約70万件の法関連文献と判例集の書誌情報を収録した「法律判例文献情報」の3種類があります。講義は当館が契約している「判例大系」「法律判例文献情報」を中心に、実践的な問題演習を交えながら行われました。
 「自分が今困っている問題について、似たようなケースの判例を探して参考にしたい」「過去にニュースで取り上げられた事件の判例を見て、争点を確認したい」というような場合、「判例体系」が有用です。裁判の判決文や解説等を調べることができ、判例の争点が「要旨」としてポイントごとにまとめられているのが大きな特徴です。
 一方、「法律判例文献情報」では、法律や判例に関する文献、判例を解説した論文等を調べることが出来ます。文献がインターネット上で公開されている場合は、該当ページへのリンクが張られているため、直接閲覧することも可能です。
 具体的な検索方法や、専門的な法律用語についても解説をしていただき、まとめとして演習問題にも取り組みました。弁護士に法律相談を依頼する前に、自身で下調べをすることが重要であるとのことでした。また、活発な質疑応答も行われ、講座は好評のうちに終了することが出来ました。「D1-Law.com法情報総合データベース」は神奈川県立図書館の本館1階、調査相談カウンターでご利用いただけます。この機会にぜひご活用ください。

(神奈川県立図書館 : 調査閲覧課講座担当)