青少年センターで「16ミリフィルムでアニメを見よう!」を開催しました

 1月27日の日曜日、青少年センターで開催された子どもフェスティバルに神奈川県立図書館として参加しました。「16ミリフィルムでアニメを見よう!」と題して『アンパンマンまじょのくにへ』『3丁目物語 おともだち編』の上映と16ミリフィルムのお話をしました。前日の夜から「雪が降るかも?!」と言われるほど寒く「みんな見に来てくれるかな?」と心配になりましたが、沢山の子供たちが上映会に参加してくれました。
 1本目のアンパンマンでは小さい子供たちがたくさん集まってくれました。魔女の魔法にかかって小さくされてしまったアンパンマン。同じく魔法にかけられたトラくんを助け、アンパンマンがトラくんと悪い魔女をやっつけるお話です。みんな楽しそうに見てくれました。そのあと16ミリフィルムの簡単な説明と実際に16ミリフィルムを交換する様子を見てもらいました。
 2本目は『3丁目物語 おともだち編』の上映です。上映が始まってすぐに音の調子が悪く、もう一度フィルムをセットし直すというハプニングがありましたが無事に上映することができました。「乾燥しているとこうなることがあるんだよ」という担当者。映画館や自宅で鑑賞するDVDなどでは味わえない体験だったでしょうか。子供たちは、担当者がもう一度フィルムをセットし直す姿を静かに見守ってくれました。
 上映作品に関する絵本も展示しました。上映が始まるまで興味深そうに見てくれた子供たちもいました。実は県立図書館には児童書がたくさんあります。カウンターで声をかけてもらえれば読むことも借りることもできます。今回のようなイベントを通して県立図書館を知ってもらい、子どもたちにもたくさん図書館を利用してもらいたいなと思っています。
 今後も子供たちに喜んでもらえるようなイベントを企画していきたいと思います。県立図書館をどうぞよろしくお願いします。

(16ミリフィルムでアニメを見よう!担当)