高校生ボランティアセンターを運営してみませんか?

 みなさん、こんにちは。早速ですが、神奈川県高校生ボランティアセンターをご存知ですか?今回は高校生ボランティアセンターについてご紹介します。

1 高校生ボランティアセンターとは
 神奈川県教育委員会では平成18年度より高校生のボランティア活動を促進していくための環境づくりの一環として、高校生ボランティアセンター(愛称:friends)を開設しました。
 公募によって集まった高校生スタッフが、ボランティア関係団体の協力を得ながら、自主的にボランティア活動を企画し、その実施に向けた活動に取り組んでいます。

2 運営の概要
 運営は、公募によって集まった高校生スタッフが、自主的に行っています。

(1) 研修会について
○ ボランティアの基礎知識を身につけることを目的に実施しております。
※平成26年度の研修会についての内容は次のとおりです。
・ボランティアとは?
・大学生によるボランティア体験講話
・ボランティア体験 など

(2) グループ会
○ グループ会は、ボランティア活動の企画立案から実施までを行います。
○ どのようなグループを作り、どのグループに所属するかは、高校生スタッフの希望に基づいて決めます。
○ 企画実施にあたっては、県内の高校生にボランティアとしての参加を呼びかけ、高校生スタッフ以外の多くの高校生と一緒にボランティア活動ができるようにしています。

(3) 全体会
スタッフ全員を対象にした会議や中間報告会、各グループの活動状況などの情報共有を行っております。

(4) アドバイザー
高校生スタッフは、全体会やグループ会などで高校生のボランティア活動に知識・経験が豊富なNPOや関係団体の職員から、必要に応じてアドバイスを受けます。
(近年はNPO法人アクションポート横浜にご協力いただいております。)

3 全国知事会表彰について
 全国知事会・先進政策バンクにて、当センターの政策「高校生ボランティアセンターの運営支援」が、教育・文化分野の優秀政策に選定され、平成26年9月4日(木)に第7回先進政策創造会議において表彰されました。選考委員より次のとおりコメントをいただきました。 
「神奈川県の高校生ボランティアセンターの運営支援については、高校生が主体となり、行政が支援にまわるという事業形態で、行政はなかなか見守る・待つということはやらないのだが、これからの教育には大事なことである。息の長い取り組みとして評価したい。」

 このように、高校生ボランティアセンターは、全国的に珍しい県が支援するボランティアグループです。そのような高校生ボランティアセンターを運営してみませんか?
くわしくはこちら

(県立図書館 生涯学習サポート課 川口)