『岩佐美代子の眼 古典はこんなにおもしろい』 岩佐美代子述

『岩佐美代子の眼  古典はこんなにおもしろい』 岩佐美代子述 岩田ななつ聞き書き 笠間書院 2010年 資料番号:22396352  請求記号:289.1/5271 
  OPAC(所蔵検索)

 2024年発行の新紙幣1万円札の肖像に渋沢栄一が選ばれました。この本は渋沢栄一のひ孫にあたる、岩佐美代子鶴見大学名誉教授・文学博士の生涯と文学の面白さを紹介したものです。
 後に東宮大夫も務められた民法学者の穂積重遠を父に持ち、幼少のころから古典作品を原文で読まれ、4歳より13年間昭和天皇第一皇女照宮成子内親王のお相手を務めました。(宮様のお相手任命の辞令が宮内省からでています。)空襲、戦争、戦後の時代に翻弄されながらも、岩佐氏の眼差しを通した世界は、優しさと愉快さに富んで語られています。 続きを読む・・・