レコード鑑賞&オーディオ解説「寺垣スピーカー・タンノイ聴き比べ講座」を開催しました

 10月27日(日)、レコード鑑賞&オーディオ解説「寺垣スピーカー・タンノイ聴き比べ講座」を開催しました。寺垣武氏(1924-2017)が開発した「究極のアナログプレーヤー」と「物質波(波動)スピーカー」。タンノイスピーカーとの聴き比べも交えながらのレコード鑑賞とオーディオ解説講座です。オーディオ解説は、旧寺垣研究所のサポートメンバーであった宇根内司氏が行ってくださいました。
 今回は第2弾声楽篇として「世界の歌姫マリア・カラスとバリトンの名声ヘルマン・プライ」とサブタイトルをつけ、声の特集を組みました。(第1弾は平成31年1月25日に「寺垣プレーヤー&スピーカーお披露目会」として開催しました。) 続きを読む・・・