所蔵資料鑑賞会①『神奈川ゆかりの作家たち』「川端康成」・「小林秀雄」を開催しました。

 9月27日(金)、県立図書館にて、所蔵資料鑑賞会(ビデオ上映)を行いました。
 今回は、当館が所蔵するビデオ『昭和の巨星 肉声の記録』シリーズ9巻の中から「川端康成」、『学問と情熱シリーズ』30巻の中から「小林秀雄」の2本を上映しました。

 川端康成は、日本人初のノーベル文学賞の受賞者として、一方の小林秀雄は日本における文芸評論を確立した人物として知られています。ともに鎌倉に住み、神奈川にゆかりのある二人の生涯と、その作品を紹介するビデオをとりあげました。

 川端康成と小林秀雄は、昭和8年に林房雄、宇野浩二、武田麟太郎、深田久弥、広津和郎等とともに「文學界」を創刊しています。 続きを読む・・・