『陸奥爆沈』 吉村昭著

『陸奥爆沈』 吉村昭著 新潮社 1970年 資料番号:12027793 請求記号:915.9/365  OPAC(所蔵検索)

 「陸奥」という戦艦をご存知でしょうか。長門型戦艦の2番艦であるこの艦は、1918(大正7)年に横須賀海軍工廠で起工し1921(大正10)年に就役しました。就役後は1番艦の長門や他の戦艦と交代で連合艦隊旗艦を務めたため高い知名度を誇り、教科書にも描かれました。その当時の男子がイメージする軍艦といえば長門と陸奥であり、「陸奥と長門は日本の誇り」といういろはカルタが制作されるほどの人気だったようです。

 『陸奥爆沈』という不穏な題名ですが、 続きを読む・・・