『日本の名橋完全名鑑』 日本橋梁建設協会著

『日本の名橋完全名鑑』 日本橋梁建設協会著 廣済堂出版 2013 81556607 請求記号:515/65  OPAC(所蔵検索)

 みなさんは、橋が造られたきっかけをご存知ですか?
 もともと橋という発想は、人々の生活にはなかったそうです。橋が造られる前には、川の中を横断するか、渡りやすいところを遠回りして過ごしていたようです。ところがある日、嵐が吹き荒れたあとに川へ行ってみると、川岸の木が倒れて川をまたいでいるのを見つけ、そこで濡れることなく楽々と川を渡れることに気が付いたそうです。これが橋の始まりではないかと考えられています。自然が作り上げた偶然で、人々は橋というものを学んでいきました。以来、人々は橋のありがたみを知って、たくさんの橋を造り利用していくようになったといいます。日本の記録では、4世紀に橋があったことを『日本書紀』が伝えており、約1600年経った現在、日本中のどこでも橋を見ることができます。 続きを読む・・・