私のオススメ本

『ウォルター・クレインの本の仕事 / 絵本はここから始まった』 ウォルター・クレイン画

『ウォルター・クレインの本の仕事 / 絵本はここから始まった』 ウォルター・クレイン画 青幻舎 2017年 資料番号:22937163 請求記号:726.6/70  OPAC(所蔵検索)

 ウォルター・クレイン(1845-1915)は、19世紀後半に英国で活躍した挿絵画家です。「絵本はここから始まった」と聞いて、みなさんは「もっと昔から絵本はあったのでは?」と思われたのではないでしょうか。

 まずは、エドマンド・エヴァンズ(1826-1905)についてお話をしましょう。ヴィクトリア時代(1837-1901)は挿絵の時代であり、本・雑誌・新聞に挿絵が付いていました。この頃のイラストレーションの複製方法には 続きを読む・・・

『ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本』 向山淳子著  向山貴彦著 たかしまてつを絵

『ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本』 向山淳子著  向山貴彦著 たかしまてつを絵
幻冬舎 2001年 資料番号:21970264  請求記号:835/171  OPAC(所蔵検索)

 この表紙に見覚えのある方も多いのではないでしょうか。この本は、表紙に描かれた「ネコ」とパイ屋さんの「エド」と一緒に、英語で書かれた物語を読めるようになるための案内書です。
 本書には、「練習編」「実践編」があり、それらを通して、英語の物語を読む楽しさを案内しています。「練習編」では、 続きを読む・・・

『世界の料理』シリーズ タイムライフ編集部編

『世界の料理』シリーズ タイムライフ編集部編 タイムライフブックス 1972~74年 請求記号:596/392/1~17 (所蔵情報は文末に)

 多くの書店や図書館では、料理の作り方を紹介する本、いわゆるレシピ本の一角が存在感を放っています。一口にレシピ本と言っても、取り扱う料理や食材の種類、調理技術の難易度などにより、その内容は実に様々です。写真をたくさん掲載して、懇切丁寧に調理手順を追う本もあれば、短い文章で、極めてシンプルに作り方を伝える本もあります。レシピ本をめくりながら、これは美味しそうだな、これも作ってみたいなと思いを巡らせるのは、楽しいひとときです。

 1970年代にタイムライフ社から出版された『世界の料理』シリーズは、 続きを読む・・・