私のオススメ本

『宇宙ビジネスのための宇宙法入門 第2版』 小塚荘一郎編著 佐藤雅彦(国際法)編著

『宇宙ビジネスのための宇宙法入門 第2版』 小塚荘一郎編著 佐藤雅彦(国際法)編著 有斐閣 2018年 資料番号:22999361 請求記号:329.26/24A  OPAC(所蔵検索)

 アーサー・C・クラークの小説内で、ディスカバリー号が土星へ向けて出発した年より20年近くの歳月が過ぎようとしています。いまだに他惑星への有人飛行の実現は遠い未来に思える一方、新聞などで宇宙ベンチャー企業「インターステラテクノロジズ」が国産民間ロケットの打ち上げに挑戦した事や、JAXAの小惑星探査機「はやぶさ2」が小惑星「リュウグウ」へ到着したなどの記事を読みますと、少しずつですがSF小説で描かれた世界が近づいているようにも思えます。
続きを読む・・・

『みだれ髪 チョコレート語訳』 俵万智著

『みだれ髪 チョコレート語訳』 俵万智著 河出書房新社 1998年 資料番号:110873916 請求記号:R13.1タワ  OPAC(所蔵検索)

 俵万智さんといえば、誰の心にも届くわかりやすい表現で若い女性の生活や心を歌った『サラダ記念日』(1987)が有名ですが、今回は『みだれ髪 チョコレート語訳』をご紹介したいと思います。
 『みだれ髪 チョコレート語訳』の原書は、 続きを読む・・・

『鶴になった老人 丹頂鶴の恩返し』 高橋良治著

『鶴になった老人 丹頂鶴の恩返し』 高橋良治著 角川書店 2010年 資料番号:22419725 請求記号:488.5/102  OPAC(所蔵検索)

 皆さんは「タンチョウ」という鶴のことをどのくらいご存知でしょうか?数年前の夏目漱石が印刷された千円札の裏面で舞っている鳥です。全体の白い羽、首と羽先の黒、頭頂部の赤が特徴的な優雅な鶴のことを、私はなんとなく知っているつもりでした。しかし、知っていたのはその美しい姿だけで、実は何も知らないことをこの本を読んで気づきました。
 タンチョウは学名を「Grus japonensis」といい、その意味は 続きを読む・・・