資料紹介講座「神奈川の地名」開催報告

 資料紹介講座は、当館のコレクション資料や特定のテーマに沿った資料など、所蔵資料を紹介する講座です。今回は、県民の皆さんにとっても身近な、神奈川県の地名について取り上げました。折しも平成27年3月に「神奈川県区市町村変遷総覧」が出版されたばかりでしたので、6月25日に著者を講師にお迎えし、この本の内容をもとに、市区町村の編成制度、県や県内市町村の分離と合併の歴史、神奈川の地名で特徴的な名称の由来等をご講演いただきました。

 この講座の特徴は、 続きを読む・・・

『科学者の本棚』「科学」編集部 編

『科学者の本棚』 「科学」編集部編 岩波書店 2011年 資料番号:81500274 請求記号:403.1/18
OPAC所蔵検索

 『科学者の本棚』は“心にのこる一冊”をテーマに、63人の科学者や科学に携わる方々がそれぞれの一冊について語っている本です。この本は、岩波書店で刊行されている雑誌『科学』2005年6月から2010年12月までの連載をまとめたものです。雑誌『科学』(請求記号:Z405.1/K)も県立川崎図書館で閲覧できます。
 この中で私が特に興味を覚えたのは、言語学者の郡司隆男と生物学者の団まりなが紹介した本です。
 郡司隆男が紹介したのは、手塚治虫著『鉄腕アトム』(リンクは小学館の2巻)でした。当初、私は言語を研究する学者がアトムというロボットの本を取り上げることに違和感を覚えました。しかし、 続きを読む・・・

「DVD上映会『言葉の力 読書の歴史 前篇』」

 DVD『言葉の力 読書の歴史』は、2009年にカナダでテレビ放送された全4巻のドキュメンタリーシリーズです。当館では、その第1巻『読書の魔法』と第2巻『読書の可能性』を併せて、『言葉の力 読書の歴史 前篇』として7月6日(水)に上映しました。
 その内容をご紹介します。
第1巻は、文字の起源から読書に至る歴史の流れを明らかにしています。初期の楔形文字やヒエログリフ等の多数の種類がある文字は、聖職者や書記官のような文字を扱う専門職の人しか使うことができませんでした。しかし、アルファベットがつくられ、複雑だった文字が簡略化されると、民衆にも文字が読めるようになりました。文明が進歩してくると、都市や国家の中に図書館を建設するところが現れてきます。その中で、最も有名なのは、アレクサンドリア図書館です。
紀元前3世紀頃アレクサンダー大王は、 続きを読む・・・