所蔵資料鑑賞会①『神奈川ゆかりの作家たち』「川端康成」・「小林秀雄」を開催しました。

 9月27日(金)、県立図書館にて、所蔵資料鑑賞会(ビデオ上映)を行いました。
 今回は、当館が所蔵するビデオ『昭和の巨星 肉声の記録』シリーズ9巻の中から「川端康成」、『学問と情熱シリーズ』30巻の中から「小林秀雄」の2本を上映しました。

 川端康成は、日本人初のノーベル文学賞の受賞者として、一方の小林秀雄は日本における文芸評論を確立した人物として知られています。ともに鎌倉に住み、神奈川にゆかりのある二人の生涯と、その作品を紹介するビデオをとりあげました。

 川端康成と小林秀雄は、昭和8年に林房雄、宇野浩二、武田麟太郎、深田久弥、広津和郎等とともに「文學界」を創刊しています。 続きを読む・・・

『あん』 ドリアン助川 著

『あん』ドリアン助川著 ポプラ社 2015年 資料番号:22974935 請求記号:913.6/3818
OPAC(所蔵検索)

 
 数年前に公開された映画を見たのが、この小説を読むきっかけでした。

 どら春というどら焼き屋が舞台の、老女徳江と、雇われ店長である千太郎の物語です。

 店で働かせてほしいと頼みに来た徳江を、最初はいぶかしげに思っていた千太郎でしたが、50年の経験があるというので、あん作りのためだけに雇うことにしました。徳江の丁寧に小豆に向き合う姿、そしてそこから生み出されるあんの魅力に惹かれ、千太郎は、内心では面倒なことになったと思いながらも、彼女につられるように、真剣に仕事に取り組むようになります。そして、徳江が作るあんのおかげで、次第に店は繁盛していきました。 続きを読む・・・

図書館資料を楽しむ講座「ハマの空にキックオフ!祝ラグビーワールドカップ2019TM日本大会inヨコハマ」を開催しました。

 アジア初の開催となるラグビーワールドカップ2019TM日本大会が、9月20日(金)の開幕戦を皮切りに、11月2日(土)まで開催されます。神奈川県でも決勝・準決勝を含む7試合が行われるということで、神奈川県ラグビーフットボール協会の長井勉氏を講師にお迎えし、標記講座を8月18日(日)に開催しました。まずは、ラグビーワールドカップ2019TM日本大会の見どころをご紹介いただき、明治期の横浜で居留外国人たちがどのように日本にラグビーを持ち込み楽しんでいったのか、また、どのように日本人にラグビーが広がっていったのかをお話しいただきました。 続きを読む・・・