『岩佐美代子の眼 古典はこんなにおもしろい』 岩佐美代子述

『岩佐美代子の眼  古典はこんなにおもしろい』 岩佐美代子述 岩田ななつ聞き書き 笠間書院 2010年 資料番号:22396352  請求記号:289.1/5271 
  OPAC(所蔵検索)

 2024年発行の新紙幣1万円札の肖像に渋沢栄一が選ばれました。この本は渋沢栄一のひ孫にあたる、岩佐美代子鶴見大学名誉教授・文学博士の生涯と文学の面白さを紹介したものです。
 後に東宮大夫も務められた民法学者の穂積重遠を父に持ち、幼少のころから古典作品を原文で読まれ、4歳より13年間昭和天皇第一皇女照宮成子内親王のお相手を務めました。(宮様のお相手任命の辞令が宮内省からでています。)空襲、戦争、戦後の時代に翻弄されながらも、岩佐氏の眼差しを通した世界は、優しさと愉快さに富んで語られています。 続きを読む・・・

「没年調査ソン in 神奈川」を開催しました。

 2月11日(祝日)、県立図書館では「没年調査ソン in 神奈川」(主催 : 没年調査ソン in 神奈川実行委員会、共催 : 神奈川県立図書館)を開催しました。
「没年調査ソン」とは、“(著作者の)没年調査”と“マラソン”を掛け合わせた造語です。参加者が短期間に集中してイベントに取り組むことから名付けられました。これまで京都・福井で開催されており、東日本では今回が初開催となりました。

 本イベントでは、国立国会図書館が「著作者情報公開調査」で公開している没年不明の著作者一覧を含むリストの中から、神奈川県にゆかりのある人物を調査しました。著作者の没年がわかると、著作権の保護期間(没後70年)が満了しているかどうかを確認することができ、デジタル化された資料のインターネット公開に役立ちます。 続きを読む・・・

『プラネタリウムを作りました。』改訂版 大平貴之著

『プラネタリウムを作りました。』改訂版 大平貴之著 エクスナレッジ 2010年 資料番号:81447476 請求記号:440.76/8 OPAC(所蔵検索)

 子どもの頃、初めて覚えた星座はオリオン座でした。それまでは星を漠然と「空に輝くもの」と思っていましたが、塾からの帰宅途中、冬の夜空に自分の目ではっきりと、その形を捉えた時の感激は、今でも鮮明に覚えています。

 今からおよそ10年前、偶然出かけた商業施設にて移動式プラネタリウムが上映されることを知り、運良く鑑賞することができました。可搬式のエアドームに入ると中心部に小型の機械が設置されていて、それはMEGASTAR-ZERO YOKOHAMAという、著者である大平氏が開発した投影機でした。 続きを読む・・・