『人と技術で語る天気予報史―数値予報を開いた金色の鍵―』 古川武彦著

『人と技術で語る天気予報史―数値予報を開いた金色の鍵―』 古川武彦著 東京大学出版会 2012 81513079 請求記号:451.28/44  OPAC(所蔵検索)

 2016年8月下旬に連続して発生した台風9号・10号・11号は、東日本に上陸して、北海道から東北地方に深刻な風水害をもたらしました。特に台風10号は、途中で進路を変えて上陸するという異例の事態になりました。また、11月24日には東京都心で54年ぶりに初雪が観測され、観測史上初の11月の積雪となりました。近年になっての、このような突発的な異常気象の増加は、地球温暖化が原因とされており、天気予報を難しくしています。
 本書は、日本の天気予報の歴史について書かれたものです。日本で最初に天気予報が発表されたのは、 続きを読む・・・

『日本刀の科学』 臺丸谷政志著

『日本刀の科学』 臺丸谷政志著 SBクリエイティブ 2016年 資料番号:81663643 請求記号:564.02 /30   OPAC(所蔵検索)

 近年、和食、和紙、祭りなどがユネスコなどに高く評価され、テレビや新聞等でも日本の文化が話題になることがあります。かつて武士の魂と言われた刀をはじめとした日本刀は、日本の文化の中で世界的にも最もよく知られた物の1つに挙げられるのではないかと思います。しかし、日本刀は、和食や和紙、祭りなどとは異なり、現代では日常生活で触れることがほとんどなく、博物館や美術館といった施設に行かなければ目にすることがなくなってしまいました。そんな日本刀を知る機会の1つとして「日本刀の科学」という本を紹介させていただきます。
 この本は、タイトルに「日本刀の科学」とあるように、 続きを読む・・・

資料紹介講座「漢詩の世界へようこそ 入門:―漢詩を読みとくための“あれこれ”―」を開催しました

「この漢詩の作者について知りたい」「この漢詩の一節から全文を探したい」などなど、当館では漢詩にまつわるご質問が多く寄せられます。そこで、3月4日(土)、当館のベテラン司書が講師を務め、漢詩を読みとくための“あれこれ”=“当館所蔵資料やインターネット情報”をご紹介する講座を開催しました。

 当日は、 続きを読む・・・