資料紹介講座「コレクション紹介-報徳思想関係資料-」を開催しました。

 去る10月26日、当館の特別コレクションである「報徳思想関係資料」を紹介する講座で講師を務めました。「報徳思想関係資料」とは、江戸後期の農政家・二宮尊徳に関わる資料を収集したものです。小田原に生まれた尊徳は、県内のみならず栃木・茨城・福島などの多くの農村を、分度(注1)と推譲(すいじょう)(注2)に基づく「報徳仕法」によって困窮から救いました。1856年10月20日に亡くなり、今年は没後160年に当たります。
続きを読む・・・

平成28年度 文字・活字文化の日記念講演を開催しました

 10月29日(土)に、恒例の「文字・活字文化の日記念講演」を開催しました。
 今年は、伊勢原市の「大山詣り」のストーリー(注)が日本遺産に認定された記念すべき年でもあり、長年大山の研究を行ってきた川島敏郎(かわしまとしろう)氏に「『大山不動霊験記』にみる大山信仰の諸相」と題してご講演いただきました。
 最初に、 続きを読む・・・

「専門家に資料を学ぶ」(機械)の研修報告

 県立川崎図書館では、年1回「専門家に資料を学ぶ」という職員研修を実施しています。
 この研修では、当館の蔵書や専門分野の資料について専門家の視点から評価やアドバイスをしていただいております。
 今回は7回目で、10月13日(木)の館内整理日に行われました。テーマは「機械」です。
 講師は、神奈川県産業技術センター 機械・材料技術部 副部長の小島隆氏にお願いしました。
 産業技術センターは、県内中小企業を対象に技術相談や技術支援、情報提供などを行っている機関です。

 機械工学は、”ものづくり”のための技術です。
 『機械工学便覧』は、 続きを読む・・・