やさしい科学しんぶん  No.66(2015.2)

本紙(PDF版:302KB)へのリンク

からだのふしぎ

   人間のからだは、だれにとってもいちばん身近なものです。生まれてからずっと自分のからだとともに生きています。でも、自分のからだがどのようにできていて、中がどうなっているのか、見ることはなかなかできません。
   人間のからだのなかには、ふしぎなことがいっぱいつまっています。今回は人間のからだについての本を紹介(しょうかい)します。からだのふしぎやすばらしさを知ってみませんか。

■自分と同じからだはどこにもない

   地球(ちきゅう)には今、およそ70億人もの人がくらしています。そのなかには、髪(かみ)の毛(け)が黒い人や金色の人、目の色が青い人や黒い人、のんびりした人やせっかちな人など、からだの特徴(とくちょう)や性格(せいかく)がちがう、さまざまな人がいます。このように、からだや性格などについて、ある人だけがもつ独自(どくじ)の特徴を「個性(こせい)」といいます。
   親からうけつぐ遺伝(いでん)(筋肉(きんにく)のつき方や血液型(けつえきがた)など)と、経験やまわりの環境などが関係しあって、その人だけの個性ができていくと考えられています。
   家族(かぞく)とも友達(ともだち)ともちがう自分だけのからだ、かけがえのないものなので、大事(だいじ)にしたいですね。


人のからだがもつ、さまざまなしくみやはたらきについて、写真やイラストとともにわかりやすく解説しています。
『人体(ポプラディア大図鑑WONDA)』 監修/坂井建雄 出版/ポプラ社 2014年 請求記号491


■からだはなにでできているの?

   からだの一部、たとえば手の甲(こう)をよく見てみてください。からだは、じっくり見ても肉眼(にくがん)では見ることのできない小さなつぶがあつまってできています。この小さなつぶを「細胞(さいぼう)」といいます。細胞は顕微鏡(けんびきょう)でしか見ることのできないほど小さい、からだをつくる部品で、赤ちゃんはおよそ3兆個(ちょうこ)、おとなではおよそ60兆個があつまってからだをつくっているそうです。
   細胞は200~300種類(しゅるい)もあって、それぞれがちがうはたらきをしています。ひとつぶひとつぶが生きていて、呼吸(こきゅう)をし、栄養(えいよう)をとり、いらないものを出します。種類によってサイクルはちがいますが、おとなの場合(ばあい)はおよそ7年で脳細胞(のうさいぼう)以外(いがい)のほとんどの 細胞が入れかわるといわれています。
   自分のからだでそんなことがおこっているなんて、不思議(ふしぎ)ですね。


血管って青いの? 右利きと左利きはどうやって決まるの? など、Q&A方式でからだのふしぎを解説しています。
『からだの不思議がわかる!』 監修/山田真 出版/実業之日本社 2010年 請求記号491


■からだの中をのぞいてみよう!

   心臓(しんぞう)から送りだされた酸素(さんそ)がいっぱいの血液(けつえき)は、あざやかな赤色をしています。血管(けっかん)は、細胞(さいぼう)にとって大切な酸素と栄養(えいよう)をからだのすみずみまで運ぶ高速道路(こうそくどうろ)です。一人分の血管網(けっかんもう)の長さはおよそ10万kmで、地球を2周半回る距離(きょり)になるそうです。信じられない長さです!
   私たちが食べた物は、口→食道(しょくどう)→胃(い)→腸(ちょう)と移動(いどう)して、便(べん)として出るまでにおよそ9m移動するそうです。
   自分のからだの中のしくみですが、なかなか見えないのでわかりにくいですね。
   そんな時、画像(がぞう)でからだの中を見る方法があります。エックス線(せん)検査(けんさ)、MRI検査、超音波(ちょうおんぱ)検査など、いろいろな方法で生きているからだのようすを見ることができます。からだのすみずみまで通っている血管や、食道から腸へ旅する食べ物のようすを見ると、休まずはたらくからだに感謝(かんしゃ)したくなります。


からだの様々な部分の画像から、それぞれのようすやはたらきがわかります。
『からだの不思議(子供の科学サイエンスブック)』 著者/石垣武男 出版/誠文堂新光社 2009年 請求記号491


■骨(ほね)はいくつあるの?

   私たちのからだを支えてくれる骨。いくつくらいあると思いますか?
   ひとつずつばらばらにすると、200以上もあるそうです。
   さまざまな形の骨が組み合わさって骨格(こっかく)をつくり、からだを支(ささ)えています。
   骨も成長(せいちょう)します。軟骨(なんこつ)からかたい骨に変わっていきます。手は、赤ちゃんのころは手のひら付近(ふきん)にしか骨がなく、大きくなるとともに軟骨が骨におきかわって、20歳ころにすべての骨が完成(かんせい)するそうです。
   骨格だけでからだを動かすことはできず、骨と骨とを結びつけている骨格筋(こっかくきん)という筋肉(きんにく)があってはじめて運動(うんどう)ができるようになるのです。    みなさんのからだの運動は、骨格と筋肉が協力(きょうりょく)しあって行われています。


ヒトのからだを動かす、骨と筋肉の名前とはたらきを紹介しながら、からだの動きを解説しています。
『骨と筋肉大図鑑1 人体』 監修/阿部和厚・真鍋真 出版/学研教育出版 2012年 請求記号481


■親指(おやゆび)はすごい!

   指ずもうをしたことがありますか?
   むかいあった相手と親指以外の指をにぎりあい、親指をぴんと立てて、相手の親指を自分の親指で10かぞえる間おさえつけることができたら勝ち、という遊びです。
   親指は左右に移動したり、ぐるぐる付け根を回転(かいてん)させたり、力強くおさえたり、いろいろな動きができます。
   実は、このような親指を持っているのはヒトだけなのだそうです。よく動く親指が、こまかい道具を作り、脳(のう)を刺激(しげき)して発達(はったつ)させることで、ヒトはここまで進化(しんか)してきました。
   足の親指も、ヒトが2本の足でしっかり歩くために大事な役割(やくわり)をはたしています。
   普段(ふだん)なにげなく使っている親指に、実はすごいパワーがあったのですね


ヒトはすごい親指をどうやって手に入れることができたのか。その進化の秘密を探ります。
『ヒトの親指はエライ!』 著者/山本省三 出版/講談社 2011年 請求記号491


■どうしてまばたきするの?

   私たちは起きている時、まばたきをしています。自然に何回もしていますが、どうしてか、知っていますか?
   まばたきをするたびになみだが出て、そのなみだが目を守ってくれているのです。まぶたやまつ毛、まゆ毛も私たちの目を守ってくれていますが、まゆ毛がある動物(どうぶつ)は、人間以外にはほとんどいないのだそうです。
   "利(き)き目(め)"という言葉を知っていますか?利き手・利き足があるように、目にも右利き・左利きがあります。遠くはなれたところにあるものを一つ決めて指さして、そのまま目を片方ずつ閉じます。このとき、ものの位置(いち)が大きくずれないで見えるほうが利き目です。
   目は、からだの中では小さな部分ですが、とても大きな役割をはたしています。


生活に必要な情報の80%を得ている目。そのしくみやはたらきをイラストや図を使って説明しています。
『目のしくみ大研究』 監修/根木昭 出版/PHP研究所 2014年 請求記号491


■科学実験教室(かがくじっけんきょうしつ)を開催(かいさい)しました!

   昨年11月29日に、小学生を対象とした科学実験教室を開催しました。テーマは「化学ペン」。酸性(さんせい)・アルカリ性など水溶液(すいようえき)の性質(せいしつ)を学ぶ内容(ないよう)です。
   朝顔(あさがお)やチューリップ、気球(ききゅう)などの絵に、無色(むしょく)・赤・橙(だいだい)・黄色の4種類(しゅるい)の"指示薬(しじやく)"を綿棒(めんぼう)でぬっていきます。できたら講師(こうし)に"秘密(ひみつ)の液(えき)"をスプレーしてもらうと…
   黄色や橙だった朝顔が青や緑や紫(むらさき)に大変身!子どもたちの歓声(かんせい)があがりました。
   秘密の液の正体(しょうたい)はアルカリ性の炭酸(たんさん)ソーダ。酸性やアルカリ性で色が変わる水溶液を利用してぬりえを楽しみました。
   川崎図書館では、今後も科学実験教室を開催する予定です。次の教室もお楽しみに!