やさしい科学しんぶん  No.58(2010.9)

本紙(PDF版:3.51MB)へのリンク

鳴く虫の世界へようこそ

秋に向けて歌声を聴(き)かせてくれる虫が準備(じゅんび)開始(かいし)です。でも、鳴き声って言うけれど鳴く虫のなき声は、二つの羽から出ています。そして、鳴く虫の耳は、左右の前足にあり、両足に届いた音の情報(じょうほう)が、頭部(とうぶ)の脳(のう)に伝えられて分析(ぶんせき)されているのです。人間の耳とはずいぶん違っていますね。美しい歌声の目的は・・・。鳴く虫の耳ってどんな耳?きれいな写真とともにこの本が教えてくれます。
(『鳴く虫 観察事典』小田英智/著 偕成社 2007年請求記号486)

秋の夜に鳴いている虫はどんな虫??

秋の夜には鳴いている虫が多くなります。コオロギは「コロコロコロリー。」スズムシは「リーリリィーリリィ。」とても良い音色です。「チンチンチンチロリン。」と鳴いている虫はマツムシ。「ガチャガチャガチャ。」と鳴いている虫はクツワムシ。しかし、なかなかその姿を見ることはできません。いろいろな場所で鳴いている虫たちの声と、その姿(すがた)を、確認(かくにん)できる絵本があります。聞こえてくる音色(ねいろ)で、鳴いている虫の姿を調べてみませんか。
(『なく虫ずかん みるずかん・かんじるずかん』  松岡達英/著 福音館書店 1991年 請求記号486)

ここに虫めがね

コオロギやウマオイの鳴き声が近くで聞こえていても、なかなかみつかりません。それは草の葉に似(に)た色や、土の色に似せた保護(ほご)色(しょく)という色が体の色だからです。鳴く虫たちは、保護色でまわりの世界にとけこみ、姿をかくして、敵(てき)から身を守っています。

鳴く虫の祖先は2億5千万年以上大昔に存在していた!!

「鳴く虫」とよばれる虫たちは昆虫の世界ではバッタ目(もく)というグループに入ります。バッタ目を大きく分けると、キリギリスの仲間(なかま)、コオロギの仲間、バッタの仲間になります。「鳴く虫」というときにはコオロギとキリギリスの仲間だけでバッタの仲間は除(のぞ)かれます。キリギリスなどによく似たからだの昆虫(こんちゅう)化石(かせき)は、今から2億5千万年以上の大昔から見つかっていて、鳴く虫の祖先(そせん)はその頃(ころ)から生きていました。世界中にはコオロギの仲間が1万1000種(しゅ)、日本には326種。キリギリスの仲間は639種、日本には130種がわかっています。しかし、わたしたちの身近な場所にいるものは、そんなに多くなく地域(ちいき)によって限(かぎ)られています。日本国内で主(おも)なものは、コオロギの仲間が約87種類(しゅるい)、キリギリスの仲間は約58種類が知られています。
(『こころにひびけカンタンの声』  矢島稔/著  偕成社 2007年 請求記号486)

草むらを虫(ちゅう)目?

私たちの国では、昔から鳴く虫を絵に描いたり、歌に歌ったり、声を聴く会を開いたりして、鳴く虫に親(した)しんできました。江戸時代には、虫屋さんが屋台をかついで、鳴く虫を売り歩きました。スズムシを飼育(しいく)してふやせるようになったのも江戸時代のことです。草むらの中にいる鳴く虫の種類は豊富(ほうふ)です。鳴く虫の身体(しんたい)検査(けんさ)をすると、それぞれのすみかや、暮らしにあわせて鳴き声や身体(からだ)のつくりを変えていることがわかります。鳴く虫の活動は、まわりの温度に左右され、暑い日には夜だけ鳴いているエンマコオロギも、九月になって、涼(すず)しくなってくると昼間にも鳴くようになります。一方クツワムシは、光の明暗(めいあん)の影響(えいきょう)で鳴き、昼でも暗くすると鳴きます。
(『鳴く虫の世界』 小田英智/文 佐藤有恒/写真 あかね書房 2006年 請求記号486)

鳴く虫が隠れている植物~観察途中でちょっと休憩~

鳴く虫が隠(かく)れている植物にも目を向けてみてください。ススキや萩(はぎ)、コスモスは秋を代表する植物です。学校でも育てることができます。 それからケヤキやイチョウなど葉の落ちる落葉樹(らくようじゅ)には枝に色々な顔があります。葉(よう)こんといって落葉樹が葉を落としたあとにできるコルク質のまくです。水や養分(ようぶん)を運んだあとが、まるで何かの顔のように見えるのです。また、秋の植物には、草木染(くさきぞめ)ができたり、つるで籠(かご)をつくったり、葉っぱでお面を作ったり、楽しめるものがたくさんあります。
(『学校で育てる植物の図鑑』 おくやまひさし/文・写真 ポプラ社 2009年 請求記号470)
(『植物あそび』 ながたはるみ/著 福音館書店 1998年 請求記号470)

秋の植物に虫めがね

ハギ ススキ キキョウ ナデシコ オミナエシ フジバカマ クズ この七つの植物は『秋の七草(ななくさ)』です。万葉(まんよう)の歌人(かじん)山上憶良(やまのうえのおくら)が歌の中で詠(よ)んで以来、日本の秋を代表する草花として親しまれています。その昔、ハギは箒(ほうき)に利用されたり、フジバカマはシャンプーに、ナデシコは薬草(やくそう)に、と様々(さまざま)な活用法がありました。この七草が生えている場所に鳴く虫たちがいます。でも、『春の七草』と違(ちが)って『秋の七草』は姿を楽しむためのものなので食べられないのがちょっと残念(ざんねん)…。

昆虫学者ジャン=アンリ・ファーブル

ジャン=アンリ・ファーブルは、フランスの昆虫(こんちゅう)学者(がくしゃ)です。身の回りにいる昆虫を観察(かんさつ)した『ファーブル昆虫記(こんちゅうき)』では世界中の人々に昆虫のことや、観察の楽しさを教えてくれました。彼は南フランスに生まれ、貧(まず)しい中で育ちますが、生まれつき生き物が好きで、本を読み、ものを考えることも大好きでした。大人になって、苦労(くろう)しながら小学校の先生になり、勉強をひとりで続け数学や博物学(はくぶつがく)の学位(がくい)を取りました。その後、昆虫を研究し、観察して発見したことを『昆虫記』に記したのでした。
(『完訳ファーブル昆虫記 1~8』 集英社 2005~2010年  請求記号486)
(『ファーブル』少年少女伝記文学館 三木卓/著 講談社 1990年 請求記号 289 フ)

ここに虫めがね  ファーブルの大好きな虫 ふんころがし スカラベ

『ファーブル昆虫記』の一番初めに出てくるのがこの虫。ファーブルが最(もっと)も好きだった虫です。 この虫は、甲虫類(こうちゅうるい)・コガネムシ科です。牛などの草食(そうしょく)獣(じゅう)と呼ばれる動物のフンを主(おも)に食べるので「糞(ふん)虫(ちゅう)」と呼ばれています。「糞虫」にはたくさんの種類がいますが、スカラベはその中でも、糞を切断(せつだん)し、前あしで地面を支(ささ)え、後ろあしで糞を押し、逆立(さかだ)ちの状態(じょうたい)で、ころころと別の場所へ運びます。そして、糞の中にある栄養分(えいようぶん)を食べたり、卵をうみつけたりする虫です。このスカラベを詳(くわ)しく解(わか)り易(やす)く写真と文で説明したえほんがあります。
(『ファーブルえほん昆虫記 ふんころがしのめいじん スカラベ』 奥本大三郎/著 海野和男/写真 理論社 2010請求記号486)

自然観察へ出かけてみる

夏から秋にかわり、よく見かけた昆虫や夏に咲いていた花はどのように変化したかな。実際に出かけて観察してみよう。自然観察に行くときは、準備(じゅんび)が必要です。昆虫だけでなく水の生物や、植物の観察の仕方などいろいろな生き物の、観察の方法や飼育方法を教えてくれる図鑑(ずかん)があります。
(『飼育と観察』小学館の図鑑NEO 小学館 2005年 請求記号 460)

ここに虫めがね

横浜自然観察の森 http://park15.wakwak.com/~yokohama/index.html
横浜自然観察の森は、円(えん)海山(かいざん)周辺の森最南端に位置し、日本で初めて、自然観察の森として1986年に開園しました。横浜最大の森で、面積は700ha(ヘクタール)あり、カワセミやヤマアオガエルなどの様々な生き物が暮らしています。

虫の音楽会と中秋の名月(お月見)

虫たちが夜に音楽会を開く9月、満月を迎えると中秋(ちゅうしゅう)の名月、十五夜(じゅうごや)です。今年の十五夜は、9月22日です。月は15日かけて新月(しんげつ)~満月(まんげつ)へと形をかえます。日本では昔からススキやお団子(だんご)のお供(そな)えをして、月を見るお月見の文化がありました。満月をみているとうさぎがもちをついているようにみえますが、これは古くから中国で、月の模様(もよう)をうさぎに見立てていたことが日本へ伝わり、日本ではもちをつく文化があったためこれが合わさって、そう言われるようになったそうです。しかし、外国ではハサミをふり上げるカニに見られたり、ロバの形と言われたりしています。地域と文化の違(ちが)いで見え方も変わるのですね。
(『月の大研究』懸秀彦/監修 PHP研究所 2009年 請求記号446)

ヘチマに虫めがね

ヘチマがどうした…。と思いますが意外にも十五夜に関連することがあるのです。 へチマの茎(くき)を切った切り口からあふれる水をヘチマ水といいますが、化粧水(けしょうすい)としてや、たんや、せきをしずめる薬として、むかしから重宝(ちょうほう)されています。お月見の晩にヘチマ水をとると、一晩で2リットル近くもたまり、最高のヘチマ水がとれるといわれています。
(『そだててあそぼう ヘチマの絵本』 堀保男/編 野村俊夫/絵 農文協 2000年 請求記号618)

虫の形を折り紙で折ってみよう

虫を折り紙でも折ってみよう。筋肉(きんにく)トレーニングをするとき、どの部分の筋肉をきたえているか意識(いしき)することで、効果的(こうかてき)なトレーニングになるといわれます。折り紙もどの部分(ぶぶん)を折っているのか理解(りかい)して折るときれいに折れます。さぁチャレンジしてみよう!
(『おりがみむしむし昆虫館』 山田勝久/著 誠文堂新光社 2007年 請求記号754)

これらの本は1Fやさしい科学コーナーにあります。ぜひ県立川崎図書館へご来館ください